生鮮食品ECの「クックパッドマート」が共同集荷サービスを開始 小規模農家も出店可能に

クックパッド株式会社は、生鮮食品EC「クックパッドマート」において、市場や農産物直売所など8カ所と連携して、各地域の販売者・生産者の商品をまとめて集荷する共同集荷サービスを正式に開始した。共同集荷サービスにより、これまで集荷が難しかった取り扱い品目数の少ない小規模な販売者・生産者も、初期費用・固定費用無料でクックパッドマートに出店することが可能になるという。


生鮮食品EC「クックパッドマート」とは

「クックパッドマート」は、毎日の料理に欠かせない「生鮮食品」に特化したECサービスである。地域の生産者や販売者が直接販売する、新鮮でおいしい食材をアプリから購入することが可能。購入した商品は、出荷した当日に新鮮な状態のまま、地域に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」へお届け。

利用者は自身の選んだ「マートステーション」へ帰宅途中に立ち寄って商品を受け取れるため、仕事帰りにスーパーに行く時間のない方や、買い物をする時間がない方でも便利に利用することができる。

生鮮集荷ボックス「マートセルステーション」による共同集荷

共同集荷サービスは、各地域の店舗や施設に設置される生鮮集荷ボックス「マートセルステーション」にて行われる。お客様からの注文を受けた出店者が自らマートセルステーション内の冷蔵庫へ商品を納入し、クックパッドマートの配送員がまとめて集荷・配送を行う仕組みだ。

「マートセルステーション」は2019年7月25日より「川崎市中央卸売市場 北部市場」「向ヶ丘農産物流通組合」にて試験導入を開始、このたび「横浜市中央卸売市場」への導入にあわせて、2019年9月17日にサービスを正式に開始した。

上記の他に「築地場外市場 築地魚河岸」「東京都中央卸売市場 大田市場」「調布のやさい畑 農業直売所」「株式会社魚壱」「株式会社リンクモア」への導入が予定され、全8カ所からの共同集荷サービスの開始となる。

今後も各地域の店舗・施設へ生鮮集荷ボックス「マートセルステーション」を導入を進め、共同集荷サービスの対応地域を拡大していく予定だ。


あらゆる販売店・生産者が参加できるECプラットフォームへ

クックパッドマートは、受け取り場所である「マートステーション」の半径2〜30km圏内にある販売店・生産者の商品を、ルート配送によって集荷・配送を行う仕組みで配送効率を高め、当日集荷・配送を送料無料で実現している。

これまでは出店者ごと個別に商品を集荷していたため、所在地や取り扱い品目数などの一定基準を満たす販売者・生産者に限り集荷することができた。このたびサービス開始する共同集荷サービスを利用することで、これまでは集荷が難しかった取り扱い品目の少ない販売者・生産者でも出店することが可能になった。

出店者・共同集荷サービス導入店舗・施設を募集中

・出店者募集
クックパッドマートは、初期費用・固定費用無料で出店できるECプラットフォームである。預かった商品は鮮度や品質を保ったまま出荷当日にお届け。煩雑な梱包や発送の手間がなく、日々の業務に負担なく販路・認知を拡大することができる。

・共同集荷サービスの導入

マートセルステーションによる共同集荷サービスは、導入場所の半径数キロ圏内の販売者・生産者がクックパッドマートを通じて販路拡大できる仕組みだ。卸売市場、農産物直売所、商店街、漁港など、食品が集まるあらゆる店舗・施設への導入を募集している。
例えば商店街に導入することで、精肉店、鮮魚店、乾物店、豆腐店など商店街の様々な販売店、近隣の生産者の商品をまとめて集荷・配送し、広域のお客様へ販売することが可能。これにより各販売者・生産者の売上増加や地域社会の活性化に寄与することができる。

【生鮮集荷ボックス「マートセルステーション」設置要件】
・設置面積:横幅1500mm 奥行き650mm 高さ1910mm の冷蔵庫を設置。要電源 100V
・設置場所:屋内/半屋内(屋根有、雨風がしのげて直射日光があたらない場所)
・営業時間:集荷作業を行う8時~13時の間、出入りが可能であること

<参考URL>
クックパッドマート

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。