“正直な生産者”のこだわり有機農産物が買えるECサイト「オネストフード」オープン

一般社団法人自然食ねっとは、2019年10月7日にECサイト「オネストフード」をオープンした。


自然食ねっとは、2017年に生産者と生活者のネットワークづくりを目的に法人化された一般社団法人。自然園いしわた農場の石綿敏久氏が代表を務め、レーベンマンションにおける居住者とのコミュニケーション活動や、レーベンクラフトでのマルシェ開催などを行ってきた。

オネストフードとは?

オネストフードは、「正直な生産者とその産品にフォーカスする」をコンセプトに開設されたネット直販(EC)サイトだ。

有機JASなどの認証に関わらず、自らの信念に基づく正直(生産へのこだわり、生産や保管の安全性、情報開示、適切な価格など)な生産物や商品を生活者に届けたいと考える生産者や製造者を取材。生産者にフォーカスをあてた「ファームレター」を発行しており、「オネストフード」の生産者の多くはこのファームレターで取り上げた生産者。同サービスは日本のオーガニックの啓蒙と普及に寄与したとして、2018年度のグッドデザイン賞にも選出されている。

産地でしか知ることができない情報や写真などが掲載されているため、まるで産地で選んでいるかのようなイメージで商品を購入できるのも魅力のひとつ。購入した商品は生産者から直接届けられる仕組みになっている。

無肥料無農薬栽培のお米

自然栽培大豆の納豆

国賓御用達のぶどう

オープン記念として、サイトでは自然食ねっとがプロデュースした、純米酒 里音(さとのおと)が特別価格で提供されている。

里音は、生産者や生活者が協力して田植えや稲刈りを行った自然栽培米を材料に、神奈川県の瀬戸酒造店や山形県の渡會本店など地元酒蔵が醸造を手がけたプレミアムな商品だ。


オネストフードでは、今後も生産者の住む地域の空気感や人柄を伝え、掲載農家を訪ねてみたいと思えるような情報提供を目指すと共に、加工食品や食にまつわる職人の道具など、商品の取り扱いも広げていく考えだ。

生産者の一例

キウイ農家 自然園いしわた農場


ショウガで限界突破! ラッキー農園

 

<参考リンク>
オネストフード
一般社団法人自然食ねっと
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。