新鮮なオーガニック野菜を直送 野菜の仕入れサイト「農家さん直送市場 業務用」がオープン

株式会社バリューデータは、新鮮な有機野菜オーガニック野菜の仕入れサイト『農家さん直送市場 業務用』を2019年10月7日にオープンした。



新鮮なオーガニック野菜の仕入れサービス

『農家さん直送市場 業務用』は、神奈川県秦野市の角田あおぞら農場、徳島県阿波市の阿波ツクヨミファーム、長野県松本市のふぁーむしかない、岡山県加賀郡の健託農場、奈良県宇陀市のみどりの工房らとの連携により開設されたサイトだ。

新鮮なオーガニック野菜が直接届く仕入れ専門のサービスとなっており、運営事務局が実際に産地を訪れ、信頼できる農家のみが出荷の対象。採れたてのオーガニック野菜は畑から直送され、注文品は最短で翌日の午前中には届くという。

1箱3,500円(送料・税込)の小ロットから受注している農家もいるため、既存の取引先との並行利用もできる。

オーガニック野菜のセットサンプル

80種類を超える野菜を生産する農家もおり、少量しか生産されていない珍しい野菜に出会えることも魅力のひとつだ。
少人数での事務局運営により流通コストも徹底的に削減し、「訳あり品があれば希望」の注文をすれば、さらにお得な仕入れもできるという。

登録や利用は無料で、スマホやパソコンから5分程度の会員登録をすることで、即日利用可能だ。

主な提携農家

神奈川県秦野市の角田あおぞら農場

徳島県阿波市の阿波ツクヨミファーム

長野県松本市のふぁーむしかない

岡山県加賀郡の健託農場

奈良県宇陀市のみどりの工房

 

利用者の声


東京の居酒屋 店長
「届いた野菜はおいしかったです。農家さんの顔が見えるので、お店で売りやすいという面もあります。」

新潟の居酒屋 店長
「どれもとても美味しく、大満足です。さっそく、サラダに使わせていただきました。お客様も、珍しいものを頂いたと、感激してました。とても新鮮で、良かったです。わさび菜の辛さ、こちらで売ってるのとは比較にならないくらい辛くて良かったです。ビックリしました。」

東京の洋食屋 店長
「鮮度もよかったし、洋食向きのいろいろな種類の野菜が入ってよかったです。」

サイト開設の経緯


同社が2014年5月にオープンした新鮮な魚介類を産地直送する業務用の鮮魚仕入れサービス『漁師さん直送市場 業務用』は、会員数600店舗、出荷実績10,000件を突破している。

同社は、漁師さん直送市場で培った産地直送のプラットフォーム運営のノウハウを生かし、信頼できる農家の協力のもと『農家さん直送市場 業務用』を開設した。
同社では、利用者が新鮮な野菜をお得に仕入れができることを目指し、今後も安心安定の産品供給に挑戦していく考えだ。

<参考リンク>
農家さん直送市場 業務用
漁師さん直送市場 業務用
株式会社バリューデータ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。