岩手県八幡平市民間3団体が協力し、次世代型IoT施設園芸の実証実験をスタート

岩手県八幡平市が、周年農業の実現化に向けた、施設園芸における施設・設備・環境・栽培等に関する有効性の実証実験を、2019年10月25日にスタートした。


今回の実験は、次世代型IoT施設園芸への転換を目的としたもので、同市のほか株式会社八幡平スマートファーム、株式会社MOVIMAS、東洋製罐グループアグリWGらの民間団体が参加を表明している。

高石野団地での実証実験


実験では、八幡平スマートファームが所有する2haの農地を東洋製罐アグリが使用し、再生ビニールハウスを活用した栽培装置の長期運用試験や効果検証などが実施される。

MOVIMASはクラウド管理での農業ノウハウの共有や蓄積、新規就農者のサポートなど、IoTと水耕栽培を活用したシステム開発を担当。八幡平市は松川地熱発電所からの熱水供給など公的支援の全般をサポートする。




八幡平市

松川地熱発電所の開所以来、地熱を利用した熱水ハウスによる施設農業を30年以上行ってきたが、近年は高齢化による離農や施設の老朽化が進み、未活用施設の増加が問題になっていた。

そこで2017年9月、同市は熱水ハウスの再生を目的にスマートファームプロジェクトを発足。以来、ハウス内に環境制御を行う栽培管理システムの導入を進め、施設の高収益化を目指している。

八幡平スマートファーム

八幡平スマートファームは、熱水ハウスの再生を目指す八幡平市と、IoTを利用したシステム開発などを手がける株式会社MOVIMASが、IoT農業の振興を目的とした包括連携協定締結を経て設立された農業法人だ。

IoTを活用した次世代型施設園芸への転換を図るとともに、持続的かつ発展的に農業経営ができる人材の確保や、新規就農者に向けたIoT技術の習得支援の場としても機能する施設づくりを推進している。熱水を利用したIoT技術による次世代型の園芸施設で、年間を通して栽培と収穫が可能なバジルを生産している。

東洋製罐グループアグリWG

東洋製罐グループアグリWGとは、東洋製罐グループが保有するアグリ分野の技術を結集し、ハイスペックな植物工場を目指す取り組みを指す。

高密度縦型水耕栽培システムの植物工場に関する研究・販売を手がける鋼鈑商事株式会社と、農業用特殊フィルムなど農業用資材に関する研究、提供を行う東罐興産株式会社、大分県別府市の研究開発農場で肥料の研究開発と効果試験を行う東罐マテリアル・テクノロジー株式会社の3社が参加している。


今後は、高石野団地の210平方メートルにある熱水ハウス50棟をIoT次世代施設園芸へと転換し、2019年12月には次世代型IoT施設園芸で生産された野菜の初出荷も予定している。

同市では、持続的かつ発展的に農業経営ができる人材の確保や、新規就農者へ向けたIoT技術の習得支援の機会を創出し、今後も地域社会の融和や協調に努めていく考えだ。


<参考リンク>
八幡平市
株式会社八幡平スマートファーム
株式会社MOVIMAS
東洋製罐グループ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。