大丸東京店に全国120名の農業高校生が集結「2019全国農業高校収穫祭」開催

2019年11月9日と10日の2日間、大丸東京店にて「2019全国農業高校収穫祭」が開催される。2013年より毎年11月に全国の農業高校の生徒たちによる収穫祭として開催しており、今年で11回を迎える。

「2019全国農業高校収穫祭」は、「農」や「食」を学ぶ全国農業高等学校長加盟校の高校生が作った農作物や加工品などを生徒自らが販売することを通じて、生徒の学習や将来の就農への意欲を高めるとともに、農業高校の生徒の活動を百貨店に来店する様々な方に伝えるというもの。生徒たちとのふれあいを楽しむお客様で溢れ、毎年参加される方が増加。2019年は約1万人の入場客数を見込んでいるという。

イベント概要

主催 毎日新聞社、全国農業高等学校長協会
共催 株式会社大丸松坂屋百貨店、八重洲地下街株式会社
協賛 JA全中、JA全農、JA共済農、農林中央金庫
後援 農林水産省
日時 11月9日(土)
10:30~10:45 開会式
11:00~16:00 即売会
11月10日(日)
10:30~14:00 即売会
14:15~14:30 閉会式
会場 大丸東京店12階レストラン、八重洲地下街メイン・アベニュー
参加校 全48校
北海道岩見沢農業高等学校、北海道美唄尚栄高等学校、北海道旭川農業高等学校、青森県立五所川原農林高等学校、岩手県立盛岡農業高等学校、秋田県金足農業高等学校、山形県立置賜農業高等学校、東京都立八丈高等学校、新潟県立長岡農業高等学校、長野県下伊那農業高等学校、福岡県立福井農林高等学校、愛知県立安城農業高等学校、岐阜県立恵那農業高等学校、三重県立相可高等学校、滋賀県立湖南農業高等学校、和歌山県立有田中央高等学校、和歌山県立南部高等学校、鳥取県立出雲農林高等学校、広島県立庄原実業高等学校、広島県立油木高等学校、山口県立田布施農工高等学校、徳島県立吉野川高等学校、熊本県立菊池農業高等学校、宮崎県立日南振徳高等学校、鹿児島県立鶴翔高等学校

2019年ポスター


会場の様子


<参考URL>



SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。