大丸東京店に全国120名の農業高校生が集結「2019全国農業高校収穫祭」開催

2019年11月9日と10日の2日間、大丸東京店にて「2019全国農業高校収穫祭」が開催される。2013年より毎年11月に全国の農業高校の生徒たちによる収穫祭として開催しており、今年で11回を迎える。

「2019全国農業高校収穫祭」は、「農」や「食」を学ぶ全国農業高等学校長加盟校の高校生が作った農作物や加工品などを生徒自らが販売することを通じて、生徒の学習や将来の就農への意欲を高めるとともに、農業高校の生徒の活動を百貨店に来店する様々な方に伝えるというもの。生徒たちとのふれあいを楽しむお客様で溢れ、毎年参加される方が増加。2019年は約1万人の入場客数を見込んでいるという。

イベント概要

主催 毎日新聞社、全国農業高等学校長協会
共催 株式会社大丸松坂屋百貨店、八重洲地下街株式会社
協賛 JA全中、JA全農、JA共済農、農林中央金庫
後援 農林水産省
日時 11月9日(土)
10:30~10:45 開会式
11:00~16:00 即売会
11月10日(日)
10:30~14:00 即売会
14:15~14:30 閉会式
会場 大丸東京店12階レストラン、八重洲地下街メイン・アベニュー
参加校 全48校
北海道岩見沢農業高等学校、北海道美唄尚栄高等学校、北海道旭川農業高等学校、青森県立五所川原農林高等学校、岩手県立盛岡農業高等学校、秋田県金足農業高等学校、山形県立置賜農業高等学校、東京都立八丈高等学校、新潟県立長岡農業高等学校、長野県下伊那農業高等学校、福岡県立福井農林高等学校、愛知県立安城農業高等学校、岐阜県立恵那農業高等学校、三重県立相可高等学校、滋賀県立湖南農業高等学校、和歌山県立有田中央高等学校、和歌山県立南部高等学校、鳥取県立出雲農林高等学校、広島県立庄原実業高等学校、広島県立油木高等学校、山口県立田布施農工高等学校、徳島県立吉野川高等学校、熊本県立菊池農業高等学校、宮崎県立日南振徳高等学校、鹿児島県立鶴翔高等学校

2019年ポスター


会場の様子


<参考URL>



SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。