ukkaとふるさと本舗が連携を開始 リピーターを増やしながら地方創生を目指す

厳選食材の産直プラットフォームを提供する株式会社ukkaは、2019年11月13日、株式会社ふるさと本舗と連携し、「作り手とつながるふるさと納税」を開始した。

これにより、ukkaサイト上で返礼品の生産背景を知りながら寄付先を決めることができ、また、ふるさと本舗で寄付を行いお気に入りの返礼品に出会ったら、継続的にukka上でその商品を生産者から直接購入することができるようになるという。

多様なサービスで地域活性化を目指す


ukka とふるさと本舗は、今回の連携を通じ、地域経済の活性化及び、関係人口創出の支援に取り組んでいる。 ふるさと納税は今転換の時期にあり、 過度な返礼品競争を避け、返礼品を地場産品に限定する流れの中、より地域を盛り上げるためのふるさと納税が求められている。




今回の連携により、ふるさと納税を通じて地域や生産者のファンが増え、経済と交流の両面から関係性が続いていくような、地方創生という本来の目的に立脚したふるさと納税を実現できると考えている。

連携の内容




ukka は、日本全国の農業・水産・加工品の生産者による厳選食材を、ストーリーとともに提供する産直プラットフォーム。予約購入や定期便に加え、生産者の年間会員になることができる「Farm Membership(オーナー制度)」といった購買機能を提供している。この特徴を活かしつつ、ふるさと本舗と連携することにより、以下のようなふるさと納税の実現を目指す。

・ukka上の記事から生産背景や美味しい理由を知り、応援したくなった生産者やその自治体へ寄付を行うことができる。
・ukka の生産者の商品を、ふるさと納税の返礼品として受け取ることができる
・返礼品を気に入ったら ukka で継続的に購入できる
・返礼品を提供した生産者の近況をukka上で知ることができる



リリース記念キャンペーン
「作り手とつながるふるさと納税」をより多くの方に利用してもらうために12月31日までの間、ukka の会員がふるさと本舗で寄付をすると、寄付額の 5%分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中。
詳しくは https://furusatohonpo.jp/donate/campaign/ukka/?from_uk=2019link 

<参考URL>
ファン化で“おいしい”産直の新たなカタチ - FNN.jpプライムオンライン
ukka
ふるさと本舗 
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。