ukkaとふるさと本舗が連携を開始 リピーターを増やしながら地方創生を目指す

厳選食材の産直プラットフォームを提供する株式会社ukkaは、2019年11月13日、株式会社ふるさと本舗と連携し、「作り手とつながるふるさと納税」を開始した。

これにより、ukkaサイト上で返礼品の生産背景を知りながら寄付先を決めることができ、また、ふるさと本舗で寄付を行いお気に入りの返礼品に出会ったら、継続的にukka上でその商品を生産者から直接購入することができるようになるという。

多様なサービスで地域活性化を目指す


ukka とふるさと本舗は、今回の連携を通じ、地域経済の活性化及び、関係人口創出の支援に取り組んでいる。 ふるさと納税は今転換の時期にあり、 過度な返礼品競争を避け、返礼品を地場産品に限定する流れの中、より地域を盛り上げるためのふるさと納税が求められている。




今回の連携により、ふるさと納税を通じて地域や生産者のファンが増え、経済と交流の両面から関係性が続いていくような、地方創生という本来の目的に立脚したふるさと納税を実現できると考えている。

連携の内容




ukka は、日本全国の農業・水産・加工品の生産者による厳選食材を、ストーリーとともに提供する産直プラットフォーム。予約購入や定期便に加え、生産者の年間会員になることができる「Farm Membership(オーナー制度)」といった購買機能を提供している。この特徴を活かしつつ、ふるさと本舗と連携することにより、以下のようなふるさと納税の実現を目指す。

・ukka上の記事から生産背景や美味しい理由を知り、応援したくなった生産者やその自治体へ寄付を行うことができる。
・ukka の生産者の商品を、ふるさと納税の返礼品として受け取ることができる
・返礼品を気に入ったら ukka で継続的に購入できる
・返礼品を提供した生産者の近況をukka上で知ることができる



リリース記念キャンペーン
「作り手とつながるふるさと納税」をより多くの方に利用してもらうために12月31日までの間、ukka の会員がふるさと本舗で寄付をすると、寄付額の 5%分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中。
詳しくは https://furusatohonpo.jp/donate/campaign/ukka/?from_uk=2019link 

<参考URL>
ファン化で“おいしい”産直の新たなカタチ - FNN.jpプライムオンライン
ukka
ふるさと本舗 
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。