稼働済みソーラーシェアリング事業の相談サービスを開始 安定的に運営できる仕組みづくりを目指す

千葉エコ・エネルギー株式会社は、「稼働済みソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)事業の相談サービス」を2019年11月より提供開始した。

ソーラーシェアリングは、2013年に農林水産省によって転用許可制度が開始されてから年々事例が増え続けており、昨年度末の時点で全国約2000件程度となっている。しかし、各方面から事業に関する情報不足の相談が多発していた。

そこで千葉エコ・エネルギーは、農林水産省の優良事例に掲載された取り組みや、千葉大学及び三重大学と営農に関して共同で研究。業界団体としての関わりの中で培った事例研究などの知見を活かし、稼働済みソーラーシェアリング事業の安定した運営をサポートするための相談サービスを開始した。

自社所有のソーラーシェアリング設備

過去に提案したサービス内容


・被災した設備の再建を支援
2018年9月の台風24号により、倒壊してしまったソーラーシェアリング設備の事故原因について第三者としてレビューを行い、再建にあたりソーラーシェアリング専用架台を供給した。

農業委員会への営農報告書の第三者意見の提供
水稲のソーラーシェアリングにおける、毎年の営農報告書に記載する収量調査の補助及び営農報告書への第三者意見の作成を行った。

・稼働済みソーラーシェアリング設備の営農状況の第三者評価
約10MWの稼働済みソーラーシェアリング設備に対して、営農状況の第三者評価及び栽培体形や市場性の調査を行い、レポートを提供。



すでに行っている新規導入のソーラーシェアリング事業をサポートするサービスに加えて、稼働済み案件の相談サービスを開始することで、同社は長期事業であるソーラーシェアリングを安定的に運営するためのパートナー企業を目指している。

同社は、今後も農業振興に資する取り組みとして、引き続き全国で営農型太陽光発電所の事業化のサポートや付随する製品・サービスの開発、情報提供を行っていく。

<参考URL>
千葉エコ・エネルギー株式会社Webページ

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。