稼働済みソーラーシェアリング事業の相談サービスを開始 安定的に運営できる仕組みづくりを目指す

千葉エコ・エネルギー株式会社は、「稼働済みソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)事業の相談サービス」を2019年11月より提供開始した。

ソーラーシェアリングは、2013年に農林水産省によって転用許可制度が開始されてから年々事例が増え続けており、昨年度末の時点で全国約2000件程度となっている。しかし、各方面から事業に関する情報不足の相談が多発していた。

そこで千葉エコ・エネルギーは、農林水産省の優良事例に掲載された取り組みや、千葉大学及び三重大学と営農に関して共同で研究。業界団体としての関わりの中で培った事例研究などの知見を活かし、稼働済みソーラーシェアリング事業の安定した運営をサポートするための相談サービスを開始した。

自社所有のソーラーシェアリング設備

過去に提案したサービス内容


・被災した設備の再建を支援
2018年9月の台風24号により、倒壊してしまったソーラーシェアリング設備の事故原因について第三者としてレビューを行い、再建にあたりソーラーシェアリング専用架台を供給した。

農業委員会への営農報告書の第三者意見の提供
水稲のソーラーシェアリングにおける、毎年の営農報告書に記載する収量調査の補助及び営農報告書への第三者意見の作成を行った。

・稼働済みソーラーシェアリング設備の営農状況の第三者評価
約10MWの稼働済みソーラーシェアリング設備に対して、営農状況の第三者評価及び栽培体形や市場性の調査を行い、レポートを提供。



すでに行っている新規導入のソーラーシェアリング事業をサポートするサービスに加えて、稼働済み案件の相談サービスを開始することで、同社は長期事業であるソーラーシェアリングを安定的に運営するためのパートナー企業を目指している。

同社は、今後も農業振興に資する取り組みとして、引き続き全国で営農型太陽光発電所の事業化のサポートや付随する製品・サービスの開発、情報提供を行っていく。

<参考URL>
千葉エコ・エネルギー株式会社Webページ

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。