デバイスの使用状況をスマホに通知する乾電池IoT 「みまもり電池」販売スタート

乾電池型IoTデバイス「MaBeee」(マビー)の企画・開発・販売を行うノバルス株式会社は、「MaBeeeみまもり電池」をビックカメラにて販売開始する。価格は2980円(税別)/個を予定しており、月額500円でクラウドサービスが利用できる。


「MaBeeeみまもり電池」は、IoTプラットフォームを提供するIoTBASE株式会社と協業して誕生したクラウドと接続できる電池。みまもられる方(ご高齢者等)に利用する『MaBeeeみまもり電池』と、みまもる方(家族等)にはIoTBASEが提供するクラウドと連動したアプリ『スマート電池』をセットすることにより、電流・電圧検出機能を用い、クラウド上で利用状況の可視化が可能となる。

従来の多くのみまもり製品で採用されていた、監視という印象が強かった監視カメラや赤外線センサーとは異なり、生活スタイルを変えず、工事も不要で導入可能。特に、ご自身は元気であるという高齢者へ導入する際にも、監視している印象を受けにくいことから導入の抵抗も少なく、導入のしやすさとコストに配慮した製品・サービス設計となっている。


現在は遠方の高齢家族のみまもりといった用途が想定されているが、同時にMaBeee本体から得られる電池特有のデータをクラウド上で管理・運用するサービス『MaBeeeプラットフォーム』を、MaBeeeを用いたクラウドサービスを提供する事業者向けに提供する。MaBeeeの独自のファンクションである、電池の出力コントロール、モニタリング、ビーコン発信など、電池から得られる情報をクラウド上で提供することにより、IoTBASEなどの各社と本サービスを用いたサービスを実現できる。

今後、多数のモバイルアプリ事業者との協業を進め、MaBeeeのプラットフォーム上で用いるMaBeeeデバイスの運用、データの分析、データの連携のためのAPI、MaBeeeプラットフォーム上で開発するためのSDKなども利用できるようになり、さらなるサービスの拡大を目指すという。たとえば、センサーによる鳥獣害出現検知や防犯、電池の消耗確認などの用途でもアイデア次第で活用できそうだ。


■IoTBASEサービス 『スマート電池』概要
<主な機能>(※2019年4月23日時点)
・利用状況のグラフ表示
・利用状態アラートの通知(順次機能追加予定)

<参考URL>
ノバルス株式会社
MaBeee

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND