4枚プロペラで1ha10分の散布能力を持つドローン「飛助MG」がリリース

株式会社マゼックスが開発した農林水産航空協会認定機の農薬散布ドローン「飛助MG」の納品が、2019年4月1日よりスタートした。価格は99万8000円(税抜)。


農薬散布ドローン「飛助MG」の最大の特長は、ドローンの薬剤散布に不可欠と言われる翼の回転により吹き下ろされる風「ダウンウォッシュ」。無人ヘリと比較すると、ドローンは機体が軽量であるがゆえにダウンウォッシュが弱く、薬剤が風に流されてしまう傾向があることがデメリットとされていた。

しかし、『飛助DX』は、現在主流の農薬散布ドローンが採用する8枚/6枚のプロペラではなく、より強いダウンウォッシュを生み出せる4枚プロペラを採用。4枚プロペラで起きるとされるダウンウォッシュが渦巻く現象の解消には、進行方向前側のノズルから薬剤を散布し、前側のプロペラから生じたダウンウォッシュで薬剤を抑えつけながら、さらに後側のプロペラより発生したダウンウォッシュにより作物に薬剤を付着させる「前後切替」という方法を開発した(特許出願中)。

また、開発期間はおおよそ一年半かかっているが、その開発のきっかけは薬剤積載の容量変更。元々5リッターの製品はあったが、「より多く薬剤を積載したい」という要望もあり、10リッターのドローンを開発するためにスタートした。これにより、10分で1haという散布能力を発揮する。

性能に関するデータ

1. 4枚プロペラのメリット
4枚プロペラは「強いダウンウォッシュ」を発生させることができる

ドローンは軽量のため、なかなか強いダウンウォッシュが発生させにくいと言われている。しかし、大きなプロペラだと強いダウンウォッシュが発生させやすく、大きなプロペラを搭載するにはプロペラ数を少なくする必要がある。

【メリット】
  • 強いダウンウォッシュを発生させやすく、薬剤を作物の根や葉にも効率的に散布できる
  • 低回転で静か=住宅地にある畑でも早朝から作業が可能

2. ダウンウォッシュの比較
作物の根元、葉の裏まで風を送れる

【4枚プロペラの場合】

【8枚プロペラの場合】※他社製品のため、写真は加工済み

上記の比較写真にもあるように、8枚プロペラよりも4枚プロペラの方がダウンウォッシュが強い。4枚プロペラは作物の根元や葉の裏にまで風を送りこむことができている=それだけ薬剤散布の効果が表れやすい。

3. 散布ムラのデータ
無人ヘリ並の散布性能を


農林水産航空協会認定機の認定基準は変動係数「30%以下」だが、「飛助」シリーズは10.92~13.15%と認定基準を大幅に上回っている。ドローンでありながら、散布性能が高いとされる無人ヘリ並みの数値を記録している。

また、前・後進の数値にも大きな開きがないため、農薬を均一に散布できることが証明されている。

4. 「前後切替」とは
ダウンウォッシュのパワーを最大限に活用。

4枚プロペラのメリットは「強いダウンウォッシュの発生」だが、強すぎるあまりに巻き上げる渦も強く、薬剤が流れてしまうこともあった。「飛助」はその渦から抜け出すために、前進する場合は前側のノズルから、後進する場合は後側のノズルから薬剤を散布する『前後切替』を開発。強いダウンウォッシュを利用でき、薬剤を効果的に散布する。

また、使用しているノズルは農業用ではなく、きめ細かく均等に散布するように基準が定められた工業用途で知られているドイツ製のノズルを採用している。

薬剤散布における「飛助MG」のメリット

「飛助MG」のメリットとして、マゼックスは散布品質・効率性・薬剤効果の3つを挙げている。

散布品質

ドローンはダウンウォッシュが弱く、少しの風で薬剤が流れてしまうドリフト問題が課題だった。「飛助MG」は強いダウンウォッシュを実現し、さらに前後切替機能により散布品質を向上。薬剤コストも削減可能。

効率性

時速15km、散布幅4mで飛行し、1ha(1万㎡)を約10分で散布。また、そのまま隣の田畑にも移動できるため、人の手で散布する時間のおよそ5分の1の時間で作業を完了。作業時短に貢献する。

薬剤効果

防除を委託する場合、コスト面で回数を最小限に抑えがちだが、同じ費用で回数を多く散布することができ、薬剤の効果を最大限に発揮できる。

<参考URL>
株式会社マゼックス
飛助MG

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND