農家が求める水田センサーを農家自ら企画──株式会社ヤマザキライス(前編)

株式会社ヤマザキライスは、埼玉県葛飾郡杉戸町で90ヘクタールの水田でコメを生産している。農地が1カ所にまとまらずあちこちに散らばっている分散錯圃で、4km四方に350枚もの田んぼがある。

代表取締役の山﨑能央さんは、水田の見回りに時間を取られるのを何とかしたいと考えた。しかし、市販品の水田センサーは高価でとても手が出ない。機能がシンプルで安価な水田センサーが必要だと、企画書を手に自らメーカーを回り、商品化にこぎつけた。

ヤマザキライスの田んぼ 写真:ヤマザキライス

コメ1kg当たり原価99円のシンプル経営

ヤマザキライスは従業員4人。徹底して無駄を削るシンプルな経営をしていて、田植え機とコンバインを1台ずつと、トラクター4台で、すべての田んぼを管理する。コメの保管は、基本的に精米工場にアウトソーシングする。

コスト削減の徹底で、営業費や役員報酬などの一般管理費を引いた1kg当たりの原価はわずか99円。2017年産の組織法人経営のコメの全算入生産費1万1851円(60kg当たり)が1kg当たり約198円なのに比べると、5940円となりおよそ半額だ。一般管理費を足しても1kg当たりの原価は120円程度に収まり、60kg当たり7200円になる。

さらなるコストカットを目指しており、注目したのが水田の見回りに取られる時間だった。同社では、田んぼの水管理に細心の注意を払っていて、こまめな見回りを欠かさない。特に夏場は高温障害の出やすい地域のため、気温が高いのに水が張られていないと、収量と等級に影響が出てしまう。

「2年ほど前に、メーカーの出している水田センサーを調べてみたら値段ががあまりに高かったので、自分で企画書を書いて、持ち歩いて相談することにしました。その結果、今回スタートアップ企業の株式会社AmaterZ(アマテルズ)と一緒に開発した水田用センサーは、業界最小のサイズで値段は最安になるはずです」

この記事の続きを読むには、ログイン、およびアライアンス会員登録(無料)が必要です。

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND