ドローンによる生育状況を営農管理サービスに紐付け 「いろは」と「アグリノート」が連携

株式会社スカイマティクス(東京都中央区、代表取締役 渡邉善太郎 以下スカイマティクス)とウォーターセル株式会社(新潟県新潟市 代表取締役 長井啓友 以下ウォーターセル)は、スカイマティクスが提供する葉色解析サービス「いろは」とウォーターセルが提供する営農管理ツール「アグリノート」の連携オプションサービスの提供を開始する。



2つのサービスの連携により、アグリノートが記録する日々の営農情報にドローンが空から取得する視覚情報が加わり、栽培経過をより正確に把握し、かつより鮮明に残すことが可能になる。

葉色解析サービス「いろは」とは

ドローンで撮影した農地の画像をインターネット上で管理・診断することができるクラウドサービス。大容量の画像・情報を圃場ごとにクラウドに保存し、いつでもどこでも簡単に農地や作物の状態を確認することが可能。スカイマティクス社が開発する専用ドローンのほか、市販されているドローンにも対応している。

営農管理ツール「アグリノート」とは

農場を航空写真マップで可視化し、農作業および圃場の管理やスタッフ間の情報共有をサポートするクラウドサービス。PCブラウザのほか、専用のアプリを利用することで、スマートフォンやタブレットからも農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧ができる。

 システム連携によりできること

2つのシステムが連携することにより、いろはで撮影した画像をアグリノートの圃場と紐付けて管理することが可能になる。アグリノートでは、新規に画像がアップされたことが通知され、画像及び解析結果の詳細を確認したい場合はワンクリックでいろはの管理ページに移動できる。


また、いろはにアップロードした画像が生育状況の記録としてアグリノートに自動で作成され、その時々の圃場の状態を管理できる。作業と結果を時系列で把握することで、栽培の振り返りがより明確に行える。


これらの連携オプションサービスは、2019年6月5日より提供開始され、随時改良・アップデートが行われる予定だ。

<参考URL>
葉色解析サービス「いろは」
アグリノート
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。