なぜ、この冬はここまで野菜が高騰したのか?【農業コラム】

年末年始にかけて野菜の価格が異常な高値となったのは記憶に新しい。
ちょうど冬場の風物詩といえる鍋料理に必要な食材がそろって高騰していたこともあり、各家庭の混乱状況が各種メディアによって報じられた。
4月に入ってようやく全国的に落ち着きを見せ始めたものの、家計を襲った野菜高騰はなぜ起こったのか。農林水産省のレポートをもとに解説する。


家計を苦しめた遅い台風と長雨

2017年末から2018年の年明けまで野菜が高騰した最も大きな要因は、2017年秋に日本各地を襲った台風と、その後の長雨の影響だ。平年に比べて約2倍という高騰を招いた葉茎菜類の被害は特に甚大だった。なかでもキャベツは2017年10月中旬から下旬にかけての長雨の影響で、56%のシェアを誇る生産地の愛知県で生育が不良となり、また同月の台風で、25%シェアの千葉県で葉が損傷して十分な大きさに育たなかった。そのため、東京都中央卸売場においての価格は11月中旬頃より上がり始め、年明けには平年比200%超えの数値で推移することとなった。

はくさいは、96%のシェアで主要な生産地となっている茨城県を襲った長雨の影響で生育の低下を招き、11月の中旬頃から平年を上回る価格がつき始めている。ほうれんそうもキャベツと同じく台風で葉が損傷したばかりでなく、その後に続いた長雨のために種まきが遅れ、それに伴い生育も遅れた。44%のシェアの生産地である群馬県での台風や長雨が強く影響している。

台風の影響はネギも同様で、強風にさらされたネギが折れて出荷できなくなってしまった。なお、ネギの主要生産地は、24%の千葉県、18%の埼玉県、13%の群馬県となっているが、千葉県と埼玉県の11月の出荷量が平年を下回り、若干の高騰を招いた。

なすやトマトは平年並みの収量と価格を維持

根菜類では、だいこんの被害が大きい。だいこんも、47%のシェアがある千葉県で、台風に伴った塩害で葉が損傷した。沿岸部の生産地において、潮風がだいこんの葉に吹き付けられたのである。一方、45%のシェアである神奈川県では平年並みだったものの、相対的に出荷量が大幅に減ることとなり、東京都中央卸売場での平年比の価格が一時、300%を超えた。にんじんの生育は平年と変わらなかったため、出荷数量、価格ともに平年並みで推移している。

果菜類は、きゅうり、なす、トマトが平年並みを維持した一方、ピーマンについては10月中旬から下旬にかけての日照不足により樹木の生育状態が低下。11月の出荷数量は平年を下回り、価格はやや上がったが、12月には回復している。土物類のばれいしょ、さといも、たまねぎについては台風や長雨の影響はほとんど見られず、出荷量、価格ともに平年並みであった。

価格高騰を抑えるためにスマート農業の活用も

こうしたなかで変動の激しかったのは、葉茎菜類のレタスである。台風や長雨のなかった10月までは、平年並みどころか、出荷総量は平年を上回り、それに伴い価格は平年を大きく下回っていた。東京都中央卸売場の価格の平年比は40%を切る日もあったほどである。

ところが、11月に入ると、台風や長雨の影響が出始め、価格が急激に上昇。12月1日には平年比272%にまで高まった。これは10月の長雨はもちろんのこと、11月に入ってから続いた気温の低さが影響している。30%シェアの生産地である静岡県や19%の香川県で平年を下回る量の小ぶりなレタスが市場に流れることとなったため、高値水準で推移した。

3月に入っても東京都中央卸売場の平年比が高いままで推移していたのは、だいこん、はくさい、キャベツ、ねぎ、レタスといった品目だったが、徐々にそれぞれの生育が回復あるいは安定してきており、価格は落ち着きを取り戻し始めている。

この冬のケースのような野菜価格の高騰は、利益を上げるための値上げではなく、ほとんどの人にとってマイナスの出費でしかない。気候に左右されない、AIによる気候予測や、ビッグデータ分析から割り出した需要予測などをうまく活用していけば、将来的に価格の安定化が図れるようにもなるかもしれない。安定した野菜の供給と価格維持のためにも、スマート農業の発展に期待したいところだ。

<参考URL>
需給、ガイドライン、入荷及び価格の見通し等に関する情報:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/
東京新聞:野菜高騰 家計に寒い冬 レタスやハクサイ…平年の倍:経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201801/CK2018011202000150.html
「野菜価格高騰 いつまで続く」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/288689.html
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  2. 奥部諒
    東京大学大学院 学際情報学府 修士1年の奥部諒(おくべ・りょう)です。大学院ではプレゼンテーションをテーマに研究を行い、その傍らプレゼンテーションのコーチ、プレゼン関連製品のアンバサダーなどをしています。2018年より大学院を1年休学し、語学学習と企業インターンを行うために日本を離れています。また、プレゼン以外にもドローンの一次産業利用についての調査も企業とともに行っています。現在非常に注目されているドローンについて世界各国の規制や認識を現地で収集できればと思っています!また、同時に各国のドローンと食の関連性についても同様にシェアできればと思います。
  3. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  4. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!
  5. 大橋博之
    おおはしひろゆき。インタビューライター・編集者・ディレクター。インタビュー専門で執筆。趣味は散歩・人物撮影。URLhttps://garamon.jp.org/Twitterhttps://twitter.com/garamonmini

RECOMMEND