なぜ、この冬はここまで野菜が高騰したのか?【農業コラム】

年末年始にかけて野菜の価格が異常な高値となったのは記憶に新しい。
ちょうど冬場の風物詩といえる鍋料理に必要な食材がそろって高騰していたこともあり、各家庭の混乱状況が各種メディアによって報じられた。
4月に入ってようやく全国的に落ち着きを見せ始めたものの、家計を襲った野菜高騰はなぜ起こったのか。農林水産省のレポートをもとに解説する。


家計を苦しめた遅い台風と長雨

2017年末から2018年の年明けまで野菜が高騰した最も大きな要因は、2017年秋に日本各地を襲った台風と、その後の長雨の影響だ。平年に比べて約2倍という高騰を招いた葉茎菜類の被害は特に甚大だった。なかでもキャベツは2017年10月中旬から下旬にかけての長雨の影響で、56%のシェアを誇る生産地の愛知県で生育が不良となり、また同月の台風で、25%シェアの千葉県で葉が損傷して十分な大きさに育たなかった。そのため、東京都中央卸売場においての価格は11月中旬頃より上がり始め、年明けには平年比200%超えの数値で推移することとなった。

はくさいは、96%のシェアで主要な生産地となっている茨城県を襲った長雨の影響で生育の低下を招き、11月の中旬頃から平年を上回る価格がつき始めている。ほうれんそうもキャベツと同じく台風で葉が損傷したばかりでなく、その後に続いた長雨のために種まきが遅れ、それに伴い生育も遅れた。44%のシェアの生産地である群馬県での台風や長雨が強く影響している。

台風の影響はネギも同様で、強風にさらされたネギが折れて出荷できなくなってしまった。なお、ネギの主要生産地は、24%の千葉県、18%の埼玉県、13%の群馬県となっているが、千葉県と埼玉県の11月の出荷量が平年を下回り、若干の高騰を招いた。

なすやトマトは平年並みの収量と価格を維持

根菜類では、だいこんの被害が大きい。だいこんも、47%のシェアがある千葉県で、台風に伴った塩害で葉が損傷した。沿岸部の生産地において、潮風がだいこんの葉に吹き付けられたのである。一方、45%のシェアである神奈川県では平年並みだったものの、相対的に出荷量が大幅に減ることとなり、東京都中央卸売場での平年比の価格が一時、300%を超えた。にんじんの生育は平年と変わらなかったため、出荷数量、価格ともに平年並みで推移している。

果菜類は、きゅうり、なす、トマトが平年並みを維持した一方、ピーマンについては10月中旬から下旬にかけての日照不足により樹木の生育状態が低下。11月の出荷数量は平年を下回り、価格はやや上がったが、12月には回復している。土物類のばれいしょ、さといも、たまねぎについては台風や長雨の影響はほとんど見られず、出荷量、価格ともに平年並みであった。

価格高騰を抑えるためにスマート農業の活用も

こうしたなかで変動の激しかったのは、葉茎菜類のレタスである。台風や長雨のなかった10月までは、平年並みどころか、出荷総量は平年を上回り、それに伴い価格は平年を大きく下回っていた。東京都中央卸売場の価格の平年比は40%を切る日もあったほどである。

ところが、11月に入ると、台風や長雨の影響が出始め、価格が急激に上昇。12月1日には平年比272%にまで高まった。これは10月の長雨はもちろんのこと、11月に入ってから続いた気温の低さが影響している。30%シェアの生産地である静岡県や19%の香川県で平年を下回る量の小ぶりなレタスが市場に流れることとなったため、高値水準で推移した。

3月に入っても東京都中央卸売場の平年比が高いままで推移していたのは、だいこん、はくさい、キャベツ、ねぎ、レタスといった品目だったが、徐々にそれぞれの生育が回復あるいは安定してきており、価格は落ち着きを取り戻し始めている。

この冬のケースのような野菜価格の高騰は、利益を上げるための値上げではなく、ほとんどの人にとってマイナスの出費でしかない。気候に左右されない、AIによる気候予測や、ビッグデータ分析から割り出した需要予測などをうまく活用していけば、将来的に価格の安定化が図れるようにもなるかもしれない。安定した野菜の供給と価格維持のためにも、スマート農業の発展に期待したいところだ。

<参考URL>
需給、ガイドライン、入荷及び価格の見通し等に関する情報:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/
東京新聞:野菜高騰 家計に寒い冬 レタスやハクサイ…平年の倍:経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201801/CK2018011202000150.html
「野菜価格高騰 いつまで続く」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/288689.html
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  2. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  3. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  4. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  5. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。

RECOMMEND