なぜ、この冬はここまで野菜が高騰したのか?【農業コラム】

年末年始にかけて野菜の価格が異常な高値となったのは記憶に新しい。
ちょうど冬場の風物詩といえる鍋料理に必要な食材がそろって高騰していたこともあり、各家庭の混乱状況が各種メディアによって報じられた。
4月に入ってようやく全国的に落ち着きを見せ始めたものの、家計を襲った野菜高騰はなぜ起こったのか。農林水産省のレポートをもとに解説する。


家計を苦しめた遅い台風と長雨

2017年末から2018年の年明けまで野菜が高騰した最も大きな要因は、2017年秋に日本各地を襲った台風と、その後の長雨の影響だ。平年に比べて約2倍という高騰を招いた葉茎菜類の被害は特に甚大だった。なかでもキャベツは2017年10月中旬から下旬にかけての長雨の影響で、56%のシェアを誇る生産地の愛知県で生育が不良となり、また同月の台風で、25%シェアの千葉県で葉が損傷して十分な大きさに育たなかった。そのため、東京都中央卸売場においての価格は11月中旬頃より上がり始め、年明けには平年比200%超えの数値で推移することとなった。

はくさいは、96%のシェアで主要な生産地となっている茨城県を襲った長雨の影響で生育の低下を招き、11月の中旬頃から平年を上回る価格がつき始めている。ほうれんそうもキャベツと同じく台風で葉が損傷したばかりでなく、その後に続いた長雨のために種まきが遅れ、それに伴い生育も遅れた。44%のシェアの生産地である群馬県での台風や長雨が強く影響している。

台風の影響はネギも同様で、強風にさらされたネギが折れて出荷できなくなってしまった。なお、ネギの主要生産地は、24%の千葉県、18%の埼玉県、13%の群馬県となっているが、千葉県と埼玉県の11月の出荷量が平年を下回り、若干の高騰を招いた。

なすやトマトは平年並みの収量と価格を維持

根菜類では、だいこんの被害が大きい。だいこんも、47%のシェアがある千葉県で、台風に伴った塩害で葉が損傷した。沿岸部の生産地において、潮風がだいこんの葉に吹き付けられたのである。一方、45%のシェアである神奈川県では平年並みだったものの、相対的に出荷量が大幅に減ることとなり、東京都中央卸売場での平年比の価格が一時、300%を超えた。にんじんの生育は平年と変わらなかったため、出荷数量、価格ともに平年並みで推移している。

果菜類は、きゅうり、なす、トマトが平年並みを維持した一方、ピーマンについては10月中旬から下旬にかけての日照不足により樹木の生育状態が低下。11月の出荷数量は平年を下回り、価格はやや上がったが、12月には回復している。土物類のばれいしょ、さといも、たまねぎについては台風や長雨の影響はほとんど見られず、出荷量、価格ともに平年並みであった。

価格高騰を抑えるためにスマート農業の活用も

こうしたなかで変動の激しかったのは、葉茎菜類のレタスである。台風や長雨のなかった10月までは、平年並みどころか、出荷総量は平年を上回り、それに伴い価格は平年を大きく下回っていた。東京都中央卸売場の価格の平年比は40%を切る日もあったほどである。

ところが、11月に入ると、台風や長雨の影響が出始め、価格が急激に上昇。12月1日には平年比272%にまで高まった。これは10月の長雨はもちろんのこと、11月に入ってから続いた気温の低さが影響している。30%シェアの生産地である静岡県や19%の香川県で平年を下回る量の小ぶりなレタスが市場に流れることとなったため、高値水準で推移した。

3月に入っても東京都中央卸売場の平年比が高いままで推移していたのは、だいこん、はくさい、キャベツ、ねぎ、レタスといった品目だったが、徐々にそれぞれの生育が回復あるいは安定してきており、価格は落ち着きを取り戻し始めている。

この冬のケースのような野菜価格の高騰は、利益を上げるための値上げではなく、ほとんどの人にとってマイナスの出費でしかない。気候に左右されない、AIによる気候予測や、ビッグデータ分析から割り出した需要予測などをうまく活用していけば、将来的に価格の安定化が図れるようにもなるかもしれない。安定した野菜の供給と価格維持のためにも、スマート農業の発展に期待したいところだ。

<参考URL>
需給、ガイドライン、入荷及び価格の見通し等に関する情報:農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai_zyukyu/
東京新聞:野菜高騰 家計に寒い冬 レタスやハクサイ…平年の倍:経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201801/CK2018011202000150.html
「野菜価格高騰 いつまで続く」(くらし☆解説) | くらし☆解説 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/288689.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。