「オーガニック野菜」「有機野菜」「無農薬野菜」はどう違うのか

オーガニック野菜」や「有機野菜」や「無農薬野菜」といった言葉が、各種メディアや野菜売り場で見かけられるようになって久しい。

近年の健康志向の高まりを受けたものであることは言うまでもないが、いずれの言葉からも「農薬をまったく使っていない野菜」という印象を持つ人が少なくない。

健康のために、安全性の高い食材を求める傾向が年々強まる一方、これらの言葉の意味までを正しく理解している消費者はそれほど多くないのではないだろうか。

そこで、今回はどのような野菜が「オーガニック野菜」「有機野菜」「無農薬野菜」と呼ばれるのか、それぞれの用語の違いはなにか、そして今後オーガニックな世界はどのように変わっていくのか、現状と将来像を見ていくことにしよう。



農薬不使用が「オーガニック野菜」「有機野菜」ではない

まず、それぞれの用語の定義をおさらいしておこう。

オーガニック(organic)野菜

「オーガニック」は英語で「organic」と表記される。意味は「有機栽培の」といったものだ。「自然食品」などと呼ばれることもある。有機栽培製法で作られた素材を用いた「オーガニックコットン」や「オーガニックコスメ」なども、「オーガニック」の意味としては同様だ。

有機農業を国際的な規模で推進しているIFOAM(International Federation of Organic Agriculture Movements/国際有機農業運動連盟)では、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げている。

これは、可能な限り化学農薬を使わないことで、水や土、大気の環境保全を図ることのほかに、着色料などの添加物を可能な限り排除した食品の安全性や、動植物の生物多様性の保全、児童労働の禁止、適地適作・地産地消で地域の文化を大切にする、といった取り組みが含まれている。

つまり、人間が安全で美味しいものを求めるためだけの目標ではなく、自然界の健全な食物連鎖などの環境をできる限り保全したり、適切な労働環境や社会を実現したりするための取り組みでもある。

有機野菜

次に「有機野菜」だが、先述したように言葉としては「オーガニック野菜」と同義である。

一般的には、農林水産省による「有機JAS」と呼ばれる規格で求められる条件を満たした野菜を指す。この認定を受けていなければ「オーガニック」「有機」などと表示することができない。

有機JASの代表的な基準は次の3点である。

  • 堆肥などで土づくりを行い、種まきまたは植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない圃場で栽培する
  • 栽培中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

「禁止された農薬や化学肥料は使用しない」とあることからわかるように、厳密にいえば、まったく農薬を使用していないというわけではない。有機農業においては、やむを得ない場合に限り、約30種類の農薬の使用が認められている。

無農薬野菜

それでは、「無農薬野菜」とはどんなものか。これは文字通り、まったく農薬を使わない野菜のことだ。

しかし、無農薬と謳ってはいても、圃場に農薬が残留していたり、周囲の田畑で使用された農薬が検出されたりするケースが頻発したばかりか、消費者のニーズの高まりにかこつけて、虚偽に無農薬を表示することも見られたことから、現在は「無農薬」といった表示をすることは禁じられている。

本当に、まったく農薬を使っていない野菜の場合、無農薬の代わりに「特別栽培農産物」と表示することは認められている。しかし、無農薬野菜を栽培する農家にとっては、「特別栽培農産物」では農薬を使っていないことが消費者にわかりづらいことが欠点と言えよう。

有機農業・自然栽培のメリット・デメリット

有機農業は、「オーガニック」で触れたのと同様、自然が本来持っている多様な生態系を活かした自然の仕組みに逆らわない農業であり、農産物の生育環境を健全に保つことを重視しながら生産する農業とされている。

農薬や化学肥料を用いる農業は、大量の農産物を効率的に生育することに効果を上げてきた。形や色つやのよいものを大量に生産することに長けてはいるが、土中に住む微生物まで駆除して土地を痩せさせてしまう側面もある。また、人体に与える影響がわかってきたために、有機栽培のような自然の恵みを重視した農法が見直されるようになったのである。

しかし、使用する農薬を制限するということは、害虫や雑草を取り除く作業が増える。一般的な野菜と比べて手間暇がかかることになり、「オーガニック」や「有機野菜」と表示された野菜は高額であるケースが少なくない。また、収穫物の色や形、大きさがまちまちになり、なかには流通できない不良品が収穫されることもあるといったデメリットもある。

そんななか、農薬を一切用いない究極の農法といわれているのが「自然農法」だ。この農法は農薬や肥料を使わないだけでなく、畑を耕さず、除草もせずに作物を栽培するというもの。自然の本来持っている作物を育てる力に委ねるというもので、その土地に合った自然との共生を図るという意味で注目されている。

一方で、土壌によって品質にばらつきが出ることがあり、必ずしもいい農産物ができるとは限らないといった声もある。しかし、自然の恵みのみによって育てられた作物に注目が集まるのは、健康に関心の高い現代社会では必然といえるだろう。

有機農業・自然栽培を助けるICT技術

有機農業や自然農業において、先進的なICT技術を用いたスマート農業スマートアグリ)の例も増えている。

ドローンに搭載したセンシング技術で、生育状況や収穫時期などを把握する「ドローン米」も、そのうちのひとつである。

これまでドローンは農薬散布に活用されるケースが多かったが、昨今のセンサー技術の進歩により、上空から光合成の活性度を測定したり、生育度を数値化したりすることが可能になった。農家は、その分析に従って作業することで生産効率を上げていくことができる。

また、太陽熱により雑草の種を死滅させる「太陽熱処理」という有機農法に、農業IoTなどのセンサーを利用する例も出てきている。

健康に対する意識の高まりは、同時にこうした有機農業や自然農業のための技術を高めていくことにもつながる。この傾向は、何も日本だけものではない。オーガニックは世界的にもトレンドとなっている。今後、国内外でますます需要が高まっていくと言えるだろう。

<参考URL>
農林水産省「特集 有機農業 ―循環と共生―(1)」
特定非営利活動法人 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会「Q&Aでオーガニックを知ろう!」

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND