家族経営を10人規模の法人経営に――ミヤモトオレンジガーデン<前編>

愛媛県八幡浜市で温州ミカンなどの柑橘を栽培するミヤモトオレンジガーデンは、柑橘類では国内で初めてグローバルGAPを取得した。代表の宮本泰邦さんは会社員を辞めて家業を継ぎ、家族経営を法人に転換した。農協の共同選果に出すのではなく、自社ブランドで販売し、売り上げを平準化するために加工品も作る。またクラウドを使った農家目線のGAP取得支援システムも運営する。

前編では、宮本さんが就農してから今に至るまでの歩みを紹介する。

宮本泰邦さん

雇用生み出す法人目指す

八幡浜市川上町はミカンの優良産地として知られる。海べたの集落の、離合ができないような細い道路をミカン山へと車で上がっていく。養殖のいかだが浮かぶ宇和海と青空の境を西へと延びる佐田岬が区切っている。眼下に広がる段々畑の緑が目にまぶしい。素晴らしい眺望の場所に、宮本泰邦さんの温州ミカンの畑がある。

「以前より、歳をとってから実家に戻ってミカン農業に取り組むことを考えていました」

こう話す宮本さんは今年42歳。家業を継いだのは2013年、37歳のことで、「家庭の事情で、もともと考えていたより20年は早くなりました」。父が亡くなった後、実家が大変なのを見て、戻って就農すると決めた。それまで15年間会社員をしており、東京暮らしが長く、ミカンの栽培に関する知識がほとんどない状態での帰郷だった。

ミヤモトオレンジガーデンの畑から宇和海を見下ろす

だが、経営手法については初めから確固とした考えがあった。

「この辺りは、全国有数のミカンのブランド産地で、一般的な農家はミカンを農協の共選(共同選果)に出荷して、地域単位で販売しています。これはこれで素晴らしい仕組みですが、私は、以前より農業に事業として取り組みたいとの想いがあり、お客様に直接販売することや、地元で働く人の受け皿になるような法人を創っていきたいと考えていました。これから先の農業を考えたときに、法人経営が必要だとの想いで日々取り組んでいます」

家族経営を法人経営に転換し、雇用も生み出したいという目標を持っていたのだ。13年3月に実家に戻ってから、愛媛県立農業大学校に入学、財団の創業支援や地銀の主催する起業塾も活用し、農業と経営について学んだ。

この年の10月には、地元の青果市場で柑橘を仕入れ、ECサイトで販売を始めた。自分で栽培を始めるよりも先に、買い付けと販売を始めたのだ。独自の基準を設けて青果市場で買い付けし、多様な品種を確保することは今も続けている。品ぞろえの豊富さは売りの一つだ。

加工で売り上げを平準化

14年2月からは50アールで栽培を始め、7月にミヤモトオレンジガーデンを設立し、代表取締役に就いた。この年に加工品の委託生産も始めた。ミカンの売れる11月、12月に売り上げが集中するのをできるだけ平準化し、年間を通じて安定した経営をするためだ。

ジュースや寒天ゼリーのほか、「塩みかん」という自社栽培の無農薬ミカンを塩漬けにして熟成させた調味料も開発した。「塩みかん」は全日空の国際線ファーストクラスの機内食にも使われた。

ミヤモトオレンジガーデンのミカンジュース

栽培面積を徐々に増やし、今では2.9ヘクタールの規模に。宮本さんのほかに従業員が9人おり、平均年齢は34歳と若い。ECサイト経由の売り上げが半分、百貨店や高級果物店、生協、スーパーなどの実店舗に出すものが残り半分を占める。

農業法人は年間の休みが70日程度のところが多いとされる。年間70日とすると、一週間のうち休みは1.3日の計算になる。

「弊社は年間スケジュールで105日の休みを設定しています。あまり残業もありません。他の農業法人と比べて社員にとって働きやすい環境だと思います」

有給休暇の取得も多い。しかし、一般企業並みの待遇を目指す中で悩みもある。

「難しいところはあります。他の農家と比べて、年齢が若く経験が少ないため生産性が低いこと、また、天候にも左右されるため、なかなか思うようにはいきません。生産性を上げる努力は、従業員と話し合いながら共有するようにしています」

クラウド活用やGAP取得で経営改善

具体的には、「反省・改善メモ」という従業員間で気づきをクラウド上で共有するシステムを作っている。「ここをもっとこうしたらいいと思うといったことを書いて、経営改善に役立てようとしています」。投稿は200件を超えている。仕事を見える化し、経営を改善することを突き詰めた結果、ミヤモトオレンジガーデンでは農業生産の工程を管理するグローバルGAPとアジアGAPを取得した。このことについては後編で紹介したい。

経営上の理想を追い求めつつ、栽培技術の向上にも余念がない。従業員が、少なくとも2カ月に1回は生産者向けの何らかの勉強会に参加している。具体的には、剪定や摘果の講習や、変わったものだと農業経営にクラウドをどう使うかといった勉強会など。県内だけではなく、東京といった遠方にも学びに出かける。

「教育にはお金をかけています」

新しい栽培方法の導入や効率化をしつつ、生産面積を増やしていくつもりだ。農業法人として、さらなる高みを目指している。

(後編へ続く)

<参考URL>
ミヤモトオレンジガーデン

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND