農研機構の広報誌「NARO No.13」で『スマート農業実証プロジェクト』が特集

独立行政法人 農研機構の広報誌  「NARO」 のNo.13で、 『スマート農業実証プロジェクト』  についての特集が掲載されている。


NAROとは


農研機構の季刊広報誌として2016年9月15日に初発行されたNAROは、これまで、2016年に2刊(秋・冬)、2017年に4刊(春・夏・秋・冬)、2018年に3刊(春・夏・秋冬)が発行されている。

農研機構の活動がわかりやすく紹介されているため、農業や食品産業など幅広い分野で研究と開発を進める同機構の活動を知ることができる。
2019年は、スマート農業についての特集が組まれた今回のNo.13号(2019年11月29日発行)を含め、全4刊が発行された。

特集  『スマート農業実証プロジェクト』 


スマート農業実証プロジェクト』 は、農林水産省と農研機構が2019年に開始したスマート農業に関する実証プログラムだ。
ロボットAIIoT等の先端技術を活用したスマート農業の社会実装を目的に、全国に69か所ある実証農場では、ドローンによる作物の観察や、無人ロボットトラクタの運用、栽培ノウハウのデータ化などの検証が行われている。

「大規模スマート茶業一貫体系の実証」 や 「露地小ギク大規模生産体系の実証」 が紹介


特集では、プロジェクトに参画している実証農場や、活用に関する詳しい情報などが具体的に紹介されている。

実証例として、鹿児島堀口製茶(有)の 「IoT技術・ロボット化技術を活用した大規模スマート茶業一貫体系の実証」 や、男鹿・潟上地区園芸メガ団地の 「先端技術の導入による計画的安定出荷に対応した露地小ギク大規模生産体系の実証」 などが掲載される。
 

NARO No.13 目次


1P.Hot Topic
楽麻呂師匠「寄席で紹介 農研機構」
2P.~4P.特集
スマート農業実証プロジェクト
5P.コラム 農研機構生まれブランド
夏野菜のカボチャを冬もおいしく!「おいとけ栗たん」
6P.~7P.ひろがる研究成果
苦味がほとんどない ダッタンソバ「満天きらり」
8P.TOPICS
報告:共同ラボ設置/受賞/イベント/表彰

<参考リンク>
独立行政法人 農研機構
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。