ヤンマー、新型トラクター「YT2シリーズ ハイクリアランス仕様」を3月に発売

ヤンマーのグループ会社であるヤンマーアグリ株式会社は、畑作市場に向けた管理作業用として、十分な地上高を確保し、3段階のトレッド調節が可能なトラクター「YT2シリーズ ハイクリアランス仕様」2機種を3月1日に発売する。


<「YT232 ハイクリアランス仕様」>

「YT2シリーズ ハイクリアランス仕様」特長


1.作物が成長した畝や超湿田のほ場でもスムーズに管理作業をこなせる最低地上高

標準機では350mmであった最低地上高を500mmに設定することで、大豆の中耕作業や畑作の管理作業でも安心して作業を行える。


2.さまざまな作物に対応できるトレッド調節

3つの仕様と3段階のトレッド調節により、さまざまな作物の畝幅に対応。ユーザーの栽培体系に合ったトレッド幅を選択可能、作物を傷めることなく高精度な管理作業を実現。

<作物に合わせて調節可能なトレッド幅>

3.幅広いインプルメントに対応し、多種多様な作業が可能

畑作における中耕、除草作業から芋や玉ねぎの掘取り作業まで、さまざまな作業機をセットして作業することが可能。作業機装着はトラクター標準機と同規格のため、取り付け・取り外しも簡単に行うことができる。


畑作の管理作業による農家の負担軽減へ


日本国内では、大豆や玉ねぎ、キャベツなどの野菜への転作により、稲作との複合農家が今後ますます増加すると予測されている。また、畑作の管理作業に使われている乗用管理機と比べ、より多くの作業に対応可能なハイクリアランストラクターへのニーズが高まっている。

このような要望に応えるため、作物を傷めずに、中耕、除草作業や掘取り作業などを安心して行える「YT2シリーズ ハイクリアランス仕様」を開発し、畑作農家の管理作業効率化を実現する。


<参考URL>
YT2シリーズ ハイクリアランス仕様製品ページ
https://www.yanmar.com/jp/agri/products/tractor/yt2_high/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。