規格外野菜を生産者と消費者が直接取引できる「única」をリリース

自由度の高い働き方とフレキシブルな会社運営で、業界の常識に左右されず独自のポジションを築く、株式会社スタイル・フリーは、規格外や傷ありなどの理由で販売できず廃棄されている農作物を、生産者と消費者が直接取引できるウェブサービス、「única(ウニカ)」をリリースした。生産者の売上向上、消費者へ購入機会提供、社会課題であるフードロスの削減に貢献する。


社会課題への関心が高い消費者と生産者を繋ぐ

野菜の場合、大きすぎる・小さすぎる・曲がっているなどいわゆる規格外のものや、栽培の過程で傷ができたもの、色づきが良くないものなどは、通常のものと中身が変わらないにもかかわらず市場に出回ることなく廃棄されることが少なくない。このように生産現場で発生するフードロスは、年間約150万トン~200万トンと言われている。

「は、このような野菜や果物を生産者と消費者が直接取引できる産地直結型のWEBサービスだ。
廃棄されている野菜や果物を取引することで、生産者へ廃棄していた分の売り上げ向上、消費者へスーパーの店頭では普段あまり見かけることのない商品の購入機会提供、社会課題として生産現場で発生するフードロスの削減に貢献する。


いわゆる「見た目が悪い」とされる野菜や果物を、普通のものと見た目が異なるだけのユニークなものととらえ、その取引に特化していることが大きな特徴の一つ。また、消費者は購入商品に評価をすることができ、生産者は消費者から直接意見や感想を聞くことができる。

レシピの紹介や食レポを投稿する機能もあり、誰でも自由に投稿できる。新たに導入されたグループ購入は、1人の生産者から複数人で商品を購入し配送料を削減することで、お得に購入できるという。


ウニカは、通常の販路では販売が難しい野菜や果物を消費者に直接販売できる、オンラインのファーマーズマーケット。
いつでも、好きな価格で1箱から販売できるので、収穫量や収穫時期が不安定でも問題ない。

規格外や傷ありなどの農作物を廃棄している生産者、ユニークな野菜や果物を購入できる場所が少ない方、生産者と直接コミュニケーションをとりながら新鮮で安全な食品を購入したい方、社会課題への取り組みに関心のある方、個人飲食店経営者の方など利用者の募集も行っている。

「única」を利用している生産者の声

西村牧場の西村夫妻は北海道夕張郡由仁町で100年続く農家の五代目。ハネムーンで訪れたアメリカで出会った加熱調理用トマトに魅了され、独自の栽培方法で「だしとまと」としてブランド化して販売。加熱したときに最高においしくなるように栽培方法にもこだわっている。

生食用のトマトを加熱調理している人にこそ違いを味わって頂きたいと西村夫妻は言う。



única(ウニカ)

https://unica.market/
株式会社スタイル・フリー
https://style-free.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。