農業用ドローンのセキド 、「2020年度ものづくり補助金」申請代行サービスを開始、1月17日・24日にはセミナーも

農業用ドローンの販売や関連ソリューションを展開する株式会社セキドが、『2020年度ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業)』の申請代行サービスを開始した。1月17日、24日には無料のものづくり補助金活用セミナーも開催する。


世界最大手ドローンメーカー「DJI」の正規代理店セキド


株式会社セキドは、世界最大手のドローンメーカー「DJI」の正規代理店で、DJI社製ドローンの販売を日本国内で初めてスタートさせた企業だ。
販売のほか関連ソリューションの展開、パイロットの派遣、講習会の開催などを行っており、農業分野では農薬散布や生育管理、害獣駆除支援等のサービスを行っている。

現在は、東京都虎ノ門と神奈川県横浜市で体験型のドローン総合施設の運営を行うなど、国内ドローン事業のパイオニアとしてドローンを軸としたサービスを多方面に展開している。

セキドの 『ものづくり補助金申請代行サービス』

ものづくり補助金とは?


ものづくり補助金は経済産業省・中小企業庁行う、中小企業や小規模事業者を対象にした支援策のひとつだ。

生産性向上のための設備投資等の一部を支援するというもので、導入費用の最大2/3(上限1,000万円)の補助金を受けることが可能。
制度を活用するためには、申請書や事業計画書等を作成し、国が行う厳密な審査(採択率30%〜40%)をクリアする必要があり、2020年度の公募開始は2月頃に予定されている。

セキドの 『産業ドローン向け補助金申請代行サービス』


同社が開始した『産業ドローン向け補助金申請代行サービス』は、ものづくり補助金を活用し産業用ドローンやROV(水中ドローン)の導入を検討する企業を対象にしたもの。
申請書や報告書等の作成支援のほか、機体や付属品の選定、運用方法のアドバイスなども行うとのこと。

ドローン関連事業における同社の採択率は100%を誇り、2019年度から導入された電子システムによる申請にも対応している。
概要は下記の通りだ。

『産業ドローン向け補助金申請代行サービス』概要
対象:セキドグループ各社から産業用ドローン・水中ドローンを導入する事業者
料金:着手金100,000円(税抜)+ 補助金受給額の10%(成功報酬)
移送料等 :実費

ものづくり補助金活用セミナーも開催


サービスの開始に伴い、同社ではものづくり補助金の申請を検討している企業を対象にした無料説明会『補助金活用セミナー ~産業用ドローンの導入へ向けて~』を2020年1月17日(金)、1月24日(金)に開催する。


補助金審査を通過するノウハウが伝授されるという同セミナーでは、事業者として自身でも採択の実績がある特定行政書士の長井寿郎氏が登壇し、制度の概要や評価の高い申請書類の作成方法などが紹介される。
定員は30名で参加費は無料、定員に達し次第締め切る。

特定行政書士 長井寿郎氏
民間企業、新潟県職員を経て行政書士ながい事務所を開業。
現在は、セキド新潟県央としてドローンスクール/ストアを運営。
新潟県三条市を中心にドローンの普及に努めている。

開催概要
補助金活用セミナー ~産業用ドローンの導入へ向けて~
日時:2020年1月17日(金)・1月24日(金)受付:15:20~ / 説明会:15:30~17:30
会場:セキド虎ノ門本店 3階フォーラム
住所:東京都港区西新橋2丁目35番5号
料金:無料
※通常10%の成功報酬が8%に割引される受講特典付き

同日開催
1月17日:産業ドローン&関連ソリューション無料説明会
1月24日:海洋関連企業様向け産業用ROV(水中ドローン)説明会


株式会社セキド
https://sekidocorp.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。