運搬用ロボットサウザーの「農業向け試験モデル」発売、第4回ロボデックスに実機を出展

株式会社Doogは、物流倉庫や製造現場向けに開発・提供された追従型の運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」の農業向け試験モデルの販売を開始した。価格はオープン。

ビニールハウス内での検証実験も実施

「サウザー」は、つくば市に本社を構えるロボティクス企業Doogが開発した運搬用ロボットだ。
サウザーEシリーズベースユニットサウザー(THOUZER)Eシリーズベースユニット

自動追従と無人ライン走行の2つが可能で、最大120kgまで運搬できる。「搬送作業に専従者が不可欠であり、作業の効率や安全性を高めたい」、「既設設備の活用や、現場作業の工程を大幅に変えずに生産性を上げたい」など、あらゆる現場ニーズに応えた機能を有している。

今回販売を開始した農業向け試験モデルは、自動巡回走行や自動往復走行、走行の開始/停止ができるクイックボタン等の機能が追加。作物や圃場別の機能追加は実施せず一律モデルでの販売となっている。

使用機材 左:反射シート/反射布ロール 中央:クイックボタン 右:セレクタスイッチ自動往復走行時に使用する再帰反射布ロール(左)、走行の開始/停止が可能なクイックボタン(中央)、自動巡回走行時に使用するセレクトスイッチ(右)

また、複数の農業関係者の協力のもと行われた検証実験では、傾斜や段差を含むビニールハウス内での走行運転のほか、高視野なレーザーセンサーによる夜間走行などが確認された。

ビニールハウス内における基本検証の様子トマトを栽培するビニールハウス内での実験の様子

「第4回ロボデックス」に実機を出展

同社では、サウザーをスマート農業を模索するためのひとつのツールとして、以下5つの研究・検証・実証事業を想定しているという。

  1. 観測機器の搭載による生育状況の日々検査のための自動巡回走行
  2. 噴霧器等の搭載により薬品等を噴霧・散布しながらの自動巡回走行
  3. ハウス内の作業(植え付け、手入れ業務、収穫など)の資材や収穫物等の運搬支援
  4. 建屋間の移動を含めた機材の運搬支援
  5. 鳥獣害対策のための自動巡回走行

今後は、2020年2月12日~14日に東京ビッグサイトで開催されるロボットの開発・活用展「第4回ロボデックス」への出展が予定されている。


株式会社Doog
https://jp.doog-inc.com/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。