有機米栽培の生産性向上へ、有機米デザイン株式会社と東京農工大学が共同研究を開始

山形県庄内地方で事業を通じた地域課題の解決を目指す街づくり会社、ヤマガタデザイン株式会社は、2019年11月に、国立大学法人東京農工大学が開発した食用米を利用し、多収かつ食味の良い、有機米の生産販売に向けて「有機米デザイン株式会社」を設立。

有機米の栽培に関する知見の収集と諸課題の解決に向けた共同研究を本格的に開始。 今後、連携機関との協働を積極的に進めるほか、除草作業を省力化するロボット開発など、有機米のマーケット拡大と有機農業に取り組む農業者の所得向上を目指した活動を推進していく。

有機米栽培を広めるための取り組み

今回の共同研究では、東京農工大学が開発した食用米を利用し、多収かつ食味の良い有機米の栽培技術確立を進めていく。同時に、有機米の栽培における除草の省力化という課題に対して、有機米デザインが検討を重ねているロボット技術での解決を目指す。

今月から本格的に始まる共同研究では、東京農工大学農学部の大川泰一郎教授の指導の下、有機米の栽培に優位性を持つ品種やその特性、その特性を活かすための栽培技術、並びに有機米の栽培条件実現のための技術手段に関する研究に取り組む計画だ。

東京農工大学農学部の有する有機栽培に関する多くの知見やノウハウと共に、この共同研究で得られた成果は、庄内で同社が行う有機米の栽培に活かしていくほか、今年4月に開校する鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)の研修生にも還元していく。

有機農業の課題とは

世界の有機食品売上は年々増加しており、日本でも消費者の関心が高まっている。また、新規就農希望者への調査でも有機農業に興味や実施してみたいとの要望は更に高まっている状況にある。しかし有機農業を安定的に営農していくには、栽培に関するノウハウや経験に不安を持つ農家も多く、国内の耕地面積のうち有機栽培面積は数%程度と、まだまだ取り組みは限定的な状況だ。

さらに、水稲では10アール当たりの粗収益は有機栽培が慣行栽培に比べ2倍近くになるものの、労働時間は、およそ1.5倍となるなど、生産性に及ぼす時間的制約が大きな課題として挙げられている。中でも除草にかかる労働時間は5倍近くになるとの報告もあり、ロボット化への期待が高まっている。

出典:令和元年8月農林水産省「有機農業をめぐる事情」

持続可能な農業の仕組みを構築

農業生産では、海外からの輸入に頼っている化学肥料、化学合成農薬に依存しない、有機資源循環農法を実践することで、持続可能な農業を推進していく。

人材育成では、今年4月に開校する「鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)」の運営を行う予定で、全国から集まる研修生を育成し、農業者が著しく減少する現状に対して、将来の担い手を確保していくという。

研究開発では、多くの協働機関とのオープンイノベーションな開発体制の構築を積極的に進めるほか、水稲有機栽培における除草工数削減のためのロボット開発や各種設備の開発などにチャレンジし、生産性の向上を目指す。

これらに加え、地域全体で利用できる有機農業のブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」を立ち上げ、販路を確保することによって農業経営の安定化、持続可能な農業の実現に取り組んでいく。


有機デザイン米株式会社
https://founded-today.com/2019/7012401035988/
東京農工大学農学部生物生産学科 大川泰一郎教授
http://kenkyu-web.tuat.ac.jp/Profiles/2/0000197/profile.html
鶴岡市農業経営者育成学校(SEADS)
https://tsuruoka-seads.com/
SHONAI ROOTS
https://shonai-roots.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。