【開催中止】農業青年クラブ、「全国青年農業者会議」を2月26日〜27日に開催 若手農家が日本農業の未来を議論

(2020年2月25日追記)
農業青年クラブ(4Hクラブ)が2月26日(水)〜27日(木)に開催予定だった「全国青年農業者会議」は、新型コロナウイルス対策のため、中止となった。

公式発表より。
【大会開催中止のお知らせ】
現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、弊協会内協議の結果、下記イベント・大会の開催中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。
多くの参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、中止することにいたしました。
開催を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけします。

(2020年2月21日追記)
新型コロナウイルス対策に伴い、スケジュールが変更となった。2月26日は時間を変更して当初の会場で閉会式まで実施され、27日のパネルディスカッションはインターネット配信にて行われる予定だ。

ーーー

農業青年クラブ(4Hクラブ)は2月26日(水)〜27日(木)、全国の4Hクラブ会員による交流を行う「全国青年農業者会議」を東京・国立オリンピック記念青少年総合センターで開催する。




20代、30代の若手農業者によるディスカッション

4Hクラブは、全国に約850クラブ、約1万3000人の20〜30代前半の若い農業者を中心に組織されている、市町村や都道府県単位で組織された団体。「全国青年農業者会議」は、日本の農業の担い手として、農業や農村生活の改善を実践している若者たちが体験した成果を互いに発表し合い、課題解決や発展の手法を共有しあう場となっている。

2020年は、4名の農業・まちづくりの専門家を招き、「農業×教育・地方創生・未来」をテーマとしたパネルディスカッションを実施。インターネットのライブ配信も行い、全国からの意見や質問にリアルタイムで議論する。

また、園芸・特産部門、畜産部門、土地利用型部門、地域活動部門、農業青年の意見発表、優良農業青年クラブという6部門ごとに、事例の表彰を実施し、最優秀賞には農林水産大臣省も授与される。

プログラム
2月26日(水)
12:30 受付開始
13:00 開会式
13:35 優秀クラブ表彰
14:30 意見発表
15:50 プロジェクト発表
19:00 閉会式

2月27日(木)※インターネット配信にて実施予定
9:00 オンラインパネルディスカッション「日本農業をUP DATEせよ」

パネルディスカッション 登壇者一覧
井本喜久氏(一般社団法人The CAMPus代表理事、株式会社The CAMPus BASE代表理事 ブランディングプロdヒューサー)
岡山史興氏(70seeds株式会社 代表取締役・編集長/できる.agri発起人)
木下斉氏(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス 代表理事)
横田美香氏(農林水産省経営局 就農・女性課長)

開催概要

全国青年農業者会議
日時:2月26日(水) 13:00〜/2月27日(木) 9:00〜11:30
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
住所:東京都渋谷区代々木神園町3番1号
申し込み:4Hクラブ員以外の一般参加の方 https://zenkyu4h.peatix.com/


全国農業青年クラブ連絡協議会
http://zenkyo4h.com/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。