農業者向け補助金・支援制度の認知は3割程度…… 唐沢農機サービスの農業メディア「TSUCHIKAU」で公表

株式会社唐沢農機サービスは、2020年3月4日~9日に実施した「農家・農業に関する調査」の結果を、運営する農業メディア「TSUCHIKAU(ツチカウ)」で公表した。

唐沢農機サービスは、新品農機の販売や中古農業の販売、修理事業などを行う長野県の地域企業。今回の調査は、農業収入がある全国の自営農家および一般農業関心層を対象に行ったもの。結果からは農業者向けに支給される補助金・支援制度の利用実態や不満点等、農家の補助金・支援制度の課題が明らかになったほか、有機農業への関心度やイメージの統計比較が示されている。





各補助金・支援制度の内容認知はいずれも3割弱、名称認知は半数程度


今回の調査は、「農業次世代人材投資事業(旧・青年就農給付金)」、「青年等就農資金」、「農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)」、「経営体育成強化資金」、「農業近代化資金」の内容や名称の認知、制度イメージについて回答を得たものである。

資料によれば、各補助金・支援制度それぞれの内容認知はいずれも3割弱で、名称認知も半数程度に留まる結果から、今後の課題として「制度の周知」が見えている。
認知率、利用率においては「農業近代化資金」が最も高く、その他の補助金・支援制度の名称認知はいずれも半数以下という結果に留まった。


補助金・支援制度のイメージ・不満点としては「手続きが面倒」に次いで「どんなものがあるのか不明」が2位と、周知に関する課題が目立ったという。「審査」「期間」「受け方」なども上位にのぼるほか、「アドバイスしてくれる人」のニーズも4人に1人という結果となった。


有機農業への関心度を調査したアンケートでは、一般農業関心層ではポジティブな関心を持つことが明らかになった反面、農家からは「手間がかかる」「効率が悪い」といったネガティブな回答が目立った。

「TSUCHIKAU」では、農家や農業従事者をはじめ一般消費者へ向けた農業コンテンツを展開。中でも農業従事者向けには今回調査を行った制度や仕組みに関する情報や、農機を購入する際に注意すべき事項を提供し、幅広い層に対し、農業に関する有益な知識を培うサイトを目指しているという。


調査結果サマリー(ツチカウWEBサイト)
https://www.tsuchikau.com/chousa20200316/
株式会社唐沢農機サービス
https://www.karasawanouki.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。