ヤマハ発動機、自動飛行を可能にした農業用ドローン「YMR-08AP」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローンの新たなラインナップとして、自動飛行を可能にした新モデル「YMR-08AP」を2020年3月に発売した。
メーカー希望小売価格は、206万2,500円(税込み※送信機や基準局モジュール、専用充電器などを含む)で、初年度の販売台数目標を50台としている。


同社では、製品の開発・販売のみならず、スマート農業支援プラットフォームである「Yamaha Motor Smart AgriculturePlatform(YSAP)」を展開しており、スマート農業に取り組む他の企業との提携を通じ、生育状況に応じた防除や追肥作業の計画管理を提供していく考えだ。

オートパイロットによる自動散布機能と農業に特化したアプリケーション「agFMS」を使用


YMR-08APは、オートパイロットによる自動散布機能と農業に特化したアプリケーション「agFMS」を使用した高性能・高機能モデルだ。
同社が2019年3月に発売した「YMR-08」モデルと同様、1フライト/1ヘクタールの連続散布を可能にしており、散布ルートの自動生成や飛行軌跡の保存もできるという。

YMR-08APは、液剤散布装置の散布幅を4mから5mに、散布速度を15km/hから20km/hに、変更することで散布性能の向上を図っているほか、幅広い適用剤の散布が可能な粒剤散布装置の取り付けも可能としている。

タンク容量は10Lで、フライト時の機体寸法は最大で全幅2,181㎜×全長1,923㎜。最大離陸重量は27㎏以下で散布速度は13~20㎞/hとのこと。GPSによる制御が不可能になった際にはホバリング飛行で危険を回避できる。

同社では、YMR-08APの発売とあわせ対象バッテリーのレンタルサービスも開始しており、年/1回の品質チェックやメンテナンス通じ、性能をフルに活用した稼働と維持コストの削減を実現していく考えだ。



ヤマハ発動機株式会社
https://www.yamaha-motor.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。