ヤマハ発動機、自動飛行を可能にした農業用ドローン「YMR-08AP」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローンの新たなラインナップとして、自動飛行を可能にした新モデル「YMR-08AP」を2020年3月に発売した。
メーカー希望小売価格は、206万2,500円(税込み※送信機や基準局モジュール、専用充電器などを含む)で、初年度の販売台数目標を50台としている。


同社では、製品の開発・販売のみならず、スマート農業支援プラットフォームである「Yamaha Motor Smart AgriculturePlatform(YSAP)」を展開しており、スマート農業に取り組む他の企業との提携を通じ、生育状況に応じた防除や追肥作業の計画管理を提供していく考えだ。

オートパイロットによる自動散布機能と農業に特化したアプリケーション「agFMS」を使用


YMR-08APは、オートパイロットによる自動散布機能と農業に特化したアプリケーション「agFMS」を使用した高性能・高機能モデルだ。
同社が2019年3月に発売した「YMR-08」モデルと同様、1フライト/1ヘクタールの連続散布を可能にしており、散布ルートの自動生成や飛行軌跡の保存もできるという。

YMR-08APは、液剤散布装置の散布幅を4mから5mに、散布速度を15km/hから20km/hに、変更することで散布性能の向上を図っているほか、幅広い適用剤の散布が可能な粒剤散布装置の取り付けも可能としている。

タンク容量は10Lで、フライト時の機体寸法は最大で全幅2,181㎜×全長1,923㎜。最大離陸重量は27㎏以下で散布速度は13~20㎞/hとのこと。GPSによる制御が不可能になった際にはホバリング飛行で危険を回避できる。

同社では、YMR-08APの発売とあわせ対象バッテリーのレンタルサービスも開始しており、年/1回の品質チェックやメンテナンス通じ、性能をフルに活用した稼働と維持コストの削減を実現していく考えだ。



ヤマハ発動機株式会社
https://www.yamaha-motor.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。