新型コロナの影響で在庫過多な生花を、ドライフラワー化する取り組みがスタート

株式会社RINは、新型コロナウイルスの影響により生花店や花農家から在庫過多な生花を買い取り、一定期間乾燥させて「ドライフラワー」にし、装飾先を募集する取り組みをスタートした。



日の目を見ずに大量に廃棄されてしまう花を救いたい


現在、生花店や花農家では、例年実施される卒業式やイベント等の中止が相次ぎ、そこで飾られるはずだった花が大量に余っている。このままの状態では出荷できず、大量に廃棄されてしまうのみとなる。

3月上旬、お世話になっている花農家さんに現状ヒアリング
そこで、株式会社RIN代表であり、フラワーサイクリストでもある河島春佳氏は、コロナウイルスの影響で在庫過多となっている生花店や花農家から生花を買い取り、ドライフラワーとして広告やディスプレイ装花、結婚式装花などに用いる「花いっぱいプロジェクト」を実施し、ハッシュタグ「#こういう時こそお花を飾ろう」「#花いっぱいプロジェクト」をつけて、生花店や花農家、そしてそれを活用したい利用者を広く募集している。

河島氏はこれまでも廃棄花ゼロに向けて、ロスフラワー(結婚式や店舗で使われた花材、花農家で廃棄予定だった規格外の花など)を自ら回収し、アクセサリー製作や会場装飾に用いるなど、サステナブルな活動をしてきた。クリスマス後に廃棄される花を半値で買い取ったり、資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)の期間限定企画展「サステナブルビューティーガーデン」の装花装飾なども手がけ、現在は、ルミネ北千住の全フロア装花プロデュースも行っている。

ルミネ北千住 全フロア装花プロデュース(3月17日〜4月8日)

新型コロナウイルスにより多くの生産者が苦しんでいるが、活動自粛で気持ちが滅入りそうな時期だからこそ、花によって気持ちを明るくしたり、少しでも生産者の経済被害を抑えることができるよう、一人ひとりがそれぞれの立場でできることを考え、冷静に行動していくことが求められている。


コロナウイルスの影響で在庫過多な「生花」買取応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdBNpZM43hI24I3K6ILoGAdTm-9WETrc5pOJHYHtLusHwgWTA/viewform
ドライフラワー装飾応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZhQANYQc5LpXKEVro5Tmwwt_CLiRyLFsIqP4LMt10fOee7g/viewform
株式会社RIN
http://harukakawashima.com/wp/info/
instagram
https://www.instagram.com/haruka.kawashima/
農林水産省「花いっぱいプロジェクト」の取組について
https://www.maff.go.jp/j/seisan/kaki/flower/hana-project.html
BLOOM IN SPRING
https://www.lumine.ne.jp/kitasenju/topics/topics_details.php?article_no=4971

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。