省エネ型屋内農場システム「PUTFARM」を都市部の鉄道高架下へ、有効活用プロジェクトがスタート

プランツラボラトリー株式会社は、JR東日本グループ、芙蓉総合リース株式会社と連携し、省エネ型屋内農場システム「PUTFARM(プットファーム) 」を活用した鉄道高架下用地の有効活用プロジェクトを開始した。

3社は、環境や土地の広さ・形状を問わずに設置できる省エネ型屋内農場システム「PUTFARM」を、鉄道高架下に設置することで「鉄道高架下用地における栽培ノウハウの蓄積と、さらなる有効利用を目指したい」としている。

建屋外観
プランツラボラトリーは、植物工場に関する研究・開発およびコンサルティングを行う企業。同社の省エネ型屋内農場システム「PUTFARM」 は、国立大学法人東京大学との共同研究により開発された植物工場システムで、敷地の広さや屋内・屋外を問うことなくさまざまな場所に設置できるというものだ。

「PUTFARM」 は、従来の植物工場の1/2~1/3の費用で設置可能で、独自の遮熱方式を採用することでランニングコストの大幅削減にも成功しているという。

現在も多くの工場が稼働しているといい、工場内の空間環境の最適化やデータに基づく栽培ノウハウの蓄積などニーズに沿った施設運営を行っている。

さいたま市の高架下に新設


3社が立ち上げたプロジェクトは、鉄道高架下用地の有効活用を目的に、さいたま市北区ニューシャトル加茂宮駅から徒歩5分に位置する東北新幹線の高架下用地に「PUTFARM」を設置するものだ。

プロジェクトの運営は、プランツラボラトリーが設立した「鉄道高架下農場株式会社」によって行われ、JR東日本グループと芙蓉総合リースが、高架下の物件提供・栽培設備等のリース提供のそれぞれを担う。

高架下に設置された「PUTFARM」では、グリーンリーフ等の栽培が行われ、プロジェクトでは「農産物流通の課題となっている物流コストの軽減を図ると共に、安全・安心な無農薬野菜を新鮮な状態で販売したい」としている。

生育過程省エネ型屋内農場システム「PUTFARM」で栽培されるグリーンリーフ

鉄道高架下の用地は、農業分野のみならず、さまざまな業種・業界が有効活用を試みてきたが、一定間に設置された橋脚や騒音・振動等の問題が発生し、活用方法が限られてきた経緯があるという。

「PUTFARM」の設置にあたり、同プロジェクトはリニューアルした居抜き物件の活用も表明しており、既存の建物や限られた範囲でも設置が可能なPUTFARMの特徴を生かしさらなる低コスト化を目指している。

プロジェクトを運営するプランツラボラトリーでは、環境や土地の広さ・形状を問わずに設置できる「PUTFARM」の強みを最大限に生かし、今後は世界市場に向けた企業運営を行いたい考えだ。


プランツラボラトリー株式会社
https://www.plantslaboratory.com/
JR東日本グループ
https://www.jreast.co.jp/
芙蓉総合リース株式会社
https://www.fgl.co.jp/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。