新型コロナによる余剰生産物を農総研が買取 全国で登録外生産者も対象に

株式会社農業総合研究所は、新型コロナウイルス感染症拡大によって取引先の休業などにより生産販売額の減少などの被害を受けた農産業を営む個人、法人の農産物を買い取ることで、生産者の支援を行う。従来は、同社の登録生産者の農産物のみを買い取っていたが、買い取る対象を全国の生産者に拡張して実施する。

農業総合研究所は、全国約8800名の生産者と都市部を中心とした約1500店舗の小売店をITでダイレクトにつなぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することにより、新しい農産物流通システムを展開する農業ベンチャー。その独自の流通網を使って、新型コロナのあおりを受けた生産者を幅広く支援する。

JA全中が実施した全国のJA、連合会、中央会などに対しての影響と対応、要望などについての緊急調査によると、新型コロナウイルス感染症の影響は農業にも波及しており、インバウンドの減少による外食の急激な需要減少に加え、緊急事態宣言による外出自粛と飲食店の時短営業などがある。また、学校休校による農畜産物の業務用需要の減少や団体旅行の自粛による観光農園の集客も減少するなど、大きな影響が出ている。

そのようななかで、独自の流通網と集荷場を活用し、出荷販売額減少などの被害を受けた生産者支援を目的に、農産物の緊急買い取りを実施する。買い取った農産物は、外出自粛の影響によりむしろ急増している農産物需要に対応するため、都市部を中心とした販売店に供給される。

概要

対象農家
対象となる農家は、新型コロナウイルス感染症拡大による取引先の休業などにより生産販売額の減少などの被害を受けた生産者(個人、法人)。同社の登録生産者様以外も対象。

対象地域
全国の都道府県

期間
2020年5月31日(日)まで
※状況に応じて期間延長の可能性あり。

対象農産物
小売店で販売可能な全ての青果類
※農総研の品質基準あり

買取り方法
全国にある農総研の集荷場やセンターで買取り
※一部地域で対応できない場合あり


買取り支援特設ページ
https://www.nousouken.co.jp/covid-19-support
株式会社農業総合研究所
https://www.nousouken.co.jp/


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。