在庫過多食品のシェアリングでフードロスを低減 「KURADASHI」が新型コロナにも対応

社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム「KURADASHI(クラダシ)」を運営する株式会社クラダシは、フードロスで困っている事業者を募集している。


「KURADASHI」は、食品ロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFで消費者(会員)へ販売し、売り上げの一部を社会貢献団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム。環境保護や動物保護の団体、新たに設立したKURADASHI地方創生基金など、全19団体を支援している。


新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され、全国の飲食店が時短営業や営業自粛、休業対応を余儀なくされて食品卸・メーカー企業は長期在庫を抱えている。このままでは、まだ食べられる食品が大量に余り、大量に廃棄されてしまうことになる。

クラダシはそんな「もったいない」という想いを胸に、フードロス削減のために、困っている商品を再流通する。未利用食品の買取希望の方は、商品内容など専用フォームから応募するかたちだ。
https://www.kuradashi-mottainai.com/contact

なお、農林水産省ホームページにて、新型コロナウィルスにおけるフードロス削減に向けた「未利用食品の販売を促進するビジネス」の情報一覧が公開されており、Kuradashiも掲載されている。


新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進について~新たな販路の確保やフードバンクへの寄附の推進~
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200430.html
新型コロナウイルス感染症対策に伴い発生した未利用食品の販売を促進するビジネス(令和2年4月30日時点)
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/attach/pdf/200430-4.pdf
株式会社クラダシ
https://www.kuradashi-mottainai.com/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。