農水省、農業者向けアプリ「MAFFアプリ」リリース、新たなコミュニケーションの活性化を目指す

農林水産省は、省と農業者をつなぐスマートフォン用アプリ「MAFFアプリ(マフアプリ)」の提供を2020年5月1日より開始した。料金は無料(通信料は利用者負担)で、Google Play StoreおよびApp Storeからインストールできる。

同省ではアプリの提供開始にあたり、「農業に役立つ政策情報等を農業者に直接届けることで、実効性のある農業政策の実現に向けて取り組む」とコメントしている。


農林水産省と農業者をつなぐコミュニケーションアプリ


MAFFアプリは、農業者の「欲しい時に農林水産省の政策情報が届かなかった」や「現場の声が霞が関までなかなか届かない」等の声に応えるために開発されたコミュニケーションアプリ。同アプリでは国や省が行う政策情報やイベント情報を農業者のスマートフォンに直接配信し、特に重要な情報や緊急的な情報についてはユーザーのスマートフォンにプッシュ通知される。

また、同アプリには農業者が現場の情報を直接送付できる「マフちょく」機能も備えられており、アプリを通じて「農業現場の抱える課題や実情をデジタルからのアプローチで解決を目指す」考えを示している。

さらに、さまざまな手続きや申請をオンラインで行える「農林水産省共通申請サービス(eMAFF)」とも連携していく。

農林水産省ではマフアプリの提供を通じ、農業者と直接コミュニケーションを行うことで、農業現場の抱える課題や実情について、迅速かつ正確に把握していく方針だ。


農林水産省 農業者向けスマートフォン・アプリケーション(MAFFアプリ)
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/maff-app.html
農林水産省
https://www.maff.go.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。