モス協力農家を支援し、買い物負荷を軽減 「農家さんお助け!野菜セットモスバーガーバージョン」販売開始

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、新型コロナウイルス感染症の影響により出荷量が急減したモスの協力産地支援の一環として、13種類程度の野菜、果物が入った「農家さんお助け!野菜セット モスバーガーバージョン」の販売支援を2020年5月上旬より実施中だ。価格は3000円(税込。別途送料)。


政府の緊急事態宣言が全国に発令されたことで、レストランや居酒屋、学校給食などの業態が休業や営業時間短縮要請を受けた影響により、野菜の出荷が急減。モスバーガー店舗で使用する野菜の生産者である「モスの協力農家」への影響も大きく、出荷量の調整や安値での販売、産地廃棄などを迫られる状況となっている。

この「モスの協力農家」は、独自に関係構築した全国約100産地、約2700軒(2020年度)の農家で、できるだけ農薬や化学肥料に頼らない方法で栽培し、商品に使用している。そこで、モスバーガーチェーンの野菜調達および仕分け業務を協業会社のひとつ、株式会社まつのと協力し、“モスの協力農家”が生産した野菜をメインに梱包して、宅配で販売。注文、受付から配送、代金収受は株式会社まつのが行い、「農家さんお助け!野菜セットモスバーガーバージョン」の企画、設計ならびに販促支援(店頭での告知など)をモスフードサービスが行う。

この商品の販売量を増やすことで、“モスの協力農家”の経営を支援するほか、買い物負荷の低減を提案するとしている。

「農家さんお助け!野菜セット モスバーガーバージョン」には、モスバーガー店舗で使用している安全安心で、こだわりのおいしい生野菜(レタス、キャベツ、トマト、玉ネギなど)をメインに、普段使いにうれしい野菜(だいこん、にんじん、きのこ類など)、果物を、産地状況を見ながらセレクトして、直接自宅に届けてくれる。


「農家さんお助け!野菜セット モスバーガーバージョン」概要

商品名/価格:「農家さんお助け!野菜セット モスバーガーバージョン」/3,000円(税込)
*クール便にて発送。半額はまつのベジタブルガーデンが負担。

販売期間:5月上旬~ 当面の間
*新型コロナウイルス感染症の影響が収束するまで

セット内容:野菜10品程度(レタス、キャベツ、トマト、玉葱、グリーンリーフ、だいこん、にんじん、青菜類、きのこ類、いも類など)
果物3品程度
*産地状況を見ながらセレクトしますので、内容は都度変わります。

販売方法:株式会社まつの ホームページ内の販売フォームより申し込み、宅配にて販売

協力体制:株式会社まつの 野菜の仕入れ、梱包、販売、配送、代金収受など
株式会社モスフードサービス 商品の企画設計、店頭での告知(おもに直営店など)、モス公式SNS(ツイッター、Facebook等)での告知


まつのベジタブルガーデン
https://www.matsunovege.com/
モスバーガー公式サイト
https://www.mos.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。