新型コロナ禍の廃棄ロスを冷凍技術で支援 第2弾は長野のさくらんぼ

冷凍テクノジーでフードロス問題の解決を目指すデイブレイク株式会社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた生産者を支援する緊急支援パックの第2弾を2020年6月29日(月)から開始した。

第2弾では、新型コロナの影響で流通先を失ったさくらんぼを冷凍加工し販売。内容量は1パック100gで6パック1セットで、販売価格は3300円(税込/送料別)だという。


デイブレイクは、特殊急速冷凍事業に特化した企業で、2013年の創業以来、「特殊冷凍テクノロジーでフードロスを解決する」をミッションに、食品業者への特殊冷凍テクノロジー導入支援事業や、冷凍食品を消費者に届ける食品流通事業を展開している。

2018年秋に自社の特殊冷凍テクロノジーを用いたフードロス削減事業をスタートさせ、翌年3月には、規格外の果物をフローズンフルーツに作り変えた上で、各家庭や職場に届けるサービス「HenoHeno」を開始した。

冷凍技術で廃棄農産物を再商品化


今回のプロジェクトは、さくらんぼ狩りの中止など新型コロナウイルス感染拡大の影響で廃棄を余儀なくされた長野県松川町産のさくらんぼを救出するためのものという。

品種は、紅さやか、秀雅錦、正光錦、香夏錦、高砂、花駒の6種類。信州松川くだもの観光協会さくらんぼ部会より合計411kgを買い取り、フローズン加工した上で販売をはじめた。



商品名は「緊急支援さくらんぼパック」で価格は税込み3300円。ECモールAmazon(アマゾン)の専用ページで購入できるとのこと。

今回の支援に対し、長野県松川町の南信州まつかわ観光まちづくりセンター専務理事である片桐雅彦氏は、
「信州松川くだもの観光協会さくらんぼ部会(23農園)では、さくらんぼ狩りの来訪者(1か月/3万人)を経営の中心としている農園が多かったため、新型コロナウイルスの影響は大きな打撃でした。今回のプロジェクトでデイブレイクさんが加工品として扱っていただいたことは、売り上げ面のみならず、フードロス対策や次年度以降のシーズンに向けた新たな商品開発にもつながりました。」
と、コメントした。

同社は今回のプロジェクトを通じ、「今後もフードロスの削減をはじめとした食品流通のあらゆる課題解決に取り組みたい」としている。


デイブレイク株式会社
https://www.d-break.co.jp/
「HenoHeno」サービスページ
https://henoheno.jp/lp/01/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。