太陽光発電で環境制御する“次世代農業用ソーラーハウス”、千葉県睦沢町に登場

グリーンエネルギー事業などを手がける株式会社チェンジ・ザ・ワールドは、耕作放棄地の解消と農業の経営安定へ向けたソリューションとして、太陽光発電システム搭載の次世代農業用ソーラーハウスを千葉県睦沢町に建設している。今後は町の観光施設として開発を進めていくとともに、全国の農家や農業法人に販売していくという。

営農プロセスを自動化し安定した農業経営を実現

太陽光発電システム搭載次世代農業用ソーラーハウスは、屋根に太陽光パネルが取り付けられた農業用ビニールハウスだ。ソーラーハウス内の温度管理等ハウス内に必要な電力を太陽光パネルで賄うことができ、通年で安定した農作物の生産が可能になる。ハウスの構造材に太陽光架台を使用するため、通常の農業用ビニールハウスと比べ耐久性にも優れている。

また、栽培管理に必要なデータ測定や営農プロセスの自動化を図ることで、生産性の向上と安定した農業経営を実現。農業を行うために必要不可欠であるエネルギーコストの削減や収入の安定化は、農業従事者増加、そして耕作放棄地問題の解消にもつながるという。

千葉県睦沢町のソーラーハウスは高さ2.1m、間口3.6m、奥行き50mで、ソーラーハウス上部には36枚の太陽光パネルが設置されている。完成後は順次大玉トマトの作付けを行うほか、将来的には作業場・直売所・ジューススタンドなどを設置し、観光農園として運営していく。

千葉県睦沢町に建設中の”ソーラーハウス”

株式会社チェンジ・ザ・ワールド
https://ctws.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。