AGRISTのAI自動収穫ロボット、「JAアクセラレーター」第2期に採択

AIを活用した農作物の収穫ロボットを開発するAGRIST(アグリスト)株式会社は、農業や地域社会が抱える課題を革新的な商品やサービスを用いて解決する支援プログラム「JAアクセラレーター」の第2期の採択を受けた。

このプログラムは、JAグループおよび一般社団法人AgVentureLab、株式会社ゼロワンブースターが展開する企業向けの支援事業で、同社はプログラムを通じて収穫ロボットの社会実装を目指す考えだ。

(左からAGRIST 取締役COO 高橋、アドバイザー/ロボット共同開発者 福山氏、AGRIST エンジニア 高辻)
JAアクセラレーターとは、農業や地域社会が抱える課題を解決する商品やサービスを募集する企業向けの支援事業。
この事業に採択された企業は、JAグループが保有する施設や店舗ネットワーク(全国約1万7000店)、農業者との接点などの資産が活用できるという。2回目となる今回はアグリストほか7チームが採択された。

最終審査会はオンラインで開催。画面上で採択者8チームと記念撮影オンラインで開催された第2期の最終審査会。採択8チームとの記念撮影の様子。

全国のJAグループと連携して収穫ロボットの社会実装を目指す


AGRISTは、農業の人手不足と高齢化の課題解決を目指すロボットベンチャー企業。
農業生産者とAI・IoT関連ベンチャーを結ぶコミュニティ・ワーク施設「新富アグリバレー(宮崎県児湯郡新富町)」内の本社を拠点にスマート農業の普及を推進する。

AGRISTが開発したAIによる自動収穫ロボット
アグリストが開発する収穫ロボットは、農家にとって最も大きな課題である「収穫の際の人手不足」の解決を目指した製品で、安価でシンプルな設計が特徴だという。同社はオープンイノベーション・産学官連携によるスマート農業を推進させるため、農家と共にロボットの開発を進めていくそうだ。

同社は現場で使える安全安心な収穫ロボットを提供することで、農業所得の向上と地域の産業振興を実現し、持続可能な農業とまちづくりに貢献していく方針を示した。


AGRIST株式会社
https://agrist.co/
JAアクセラレーター
http://ja2020.01booster.com/
一般社団法人AgVentureLab
https://agventurelab.or.jp/
株式会社ゼロワンブースター
https://01booster.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。