JAXA発ベンチャーが手掛ける青果流通支援サービス「DATAFLUCT food supply chain.」がスタート

株式会社DATAFLUCTは、青果サプライチェーンの構築支援サービス「DATAFLUCT food supply chain.(データフラクト フードサプライチェーン)」の提供を2020年7月22日(水)にスタートした。

このサービスは、農産物の生産・出荷・流通、加工・販売、消費までのビッグデータを活用して、生産から消費までのプロセスを予測するもの。同社はサービスの提供を通じて青果流通の最適化を実現したい考えだ。


DATAFLUCTは、宇宙航空開発機構(JAXA)の職員が出資設立したJAXA認定のベンチャー企業。データとサイエンスの力で社会課題を解決することをミッションに、同機構が保有する知的財産や業務で得た知見を活用して未来予測モデルの構築を進める。

食のサプライチェーンサービスでは、農地の衛星画像や気象データ、価格データをAIが解析して収穫量や収穫日、市場取引価格を予測する「DATAFLUCT agri.」や、店舗のPOSデータ・気象・人流などの外部データをAIが解析して消費者の需要を予測する「DATAFLUCT foodloss.」等を展開している。


適切な生産量や在庫量、ルートや調達コストの最適解を予測


「DATAFLUCT food supply chain.」は、分断管理された青果流通のデータを統合して、適切な生産量や在庫量、ルートや調達コストの最適解を予測するサービスだ。

予測に使用されるデータは、気象データ、衛星データ、産地の生産計画データ、過去の生産計画データ、出荷履歴データ、入荷履歴データ、在庫データ、市場取引価格データ、輸入量データ、道路状況データ、配送履歴データ、トラックGPSデータ、人流データ、SNSデータ、POSデータなど。

同社は、青果サプライチェーンに関わる企業や団体、原価高騰や材料ロス、在庫管理に悩む企業や団体を対象に、下記のような課題を解決していく構えだ。

事例1:「最適な生産量を予測できず、生産する青果物の単価が下がってしまう」


気象データや衛星データ、過去の生産計画データ、出荷履歴データ、市場取引価格データ、POSデータなどを用いて青果物の需要を予測。最適な単価を実現する生産計画に寄与。

参考:衛星データによるキャベツ圃場の生育状況ヒートマップ

事例2:「集出荷・配送に関する最適な車両規模やルートがわからず、流通コストがかかる」


道路状況データや出荷履歴データ、配送履歴データ、市場取引価格データ、トラックGPSデータなどを用いて車両の規模や配送ルートを見直し、流通コストを最適化。

事例3:「原料の調達に必要な最適な価格や青果物の将来の市場価格を知りたい」


気象データ、主産地の生産計画データ、衛星データ、入荷履歴データ、市場取引価格データ、輸入量データ、主産地の生産計画データ、POSデータ、在庫データなどを用いて、原料の調達に必要な最適な価格や将来の市場価格の変動をAIで予測。

AIによるキャベツの市場価格予測のグラフ(ツール使用時のイメージ図)参考:AIによるキャベツ市場価格の予測

事例4:「発注作業に時間がかかり、人件費が高騰」


POSデータ、人流データ、SNSデータ、気象データなどを用いて飲食店や小売店の需要を予測。それらを反映させたチャットボットを利用して、発注作業を自動化。

『DATAFLUCT intelligent.』の仕組みを活用(スマートフォン内の画像は『DATAFLUCT intelligent.』のものです)参考:DATAFLUCTが提供するチャットボットサービス


DATAFLUCTは、「DATAFLUCT food supply chain.」の提供開始にあたり、「適切な生産量や在庫量、ルートや調達コストの最適化を実現することで、青果サプライチェーンに関わる個人・事業者の利益の最大化に貢献したい」とコメントしている。


株式会社DATAFLUCT
https://datafluct.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。