『agri-board』を提供する「はれると」が、農業資材のイノチオ、HRサービスのカオナビと資本提携


農業向け労務管理クラウドサービス『agri-board』を提供する株式会社はれるとは、農業資材の施工・販売を行うイノチオグループ、およびクラウド人材マネジメントシステムを提供する株式会社カオナビから出資を受けたと発表。今後、両社と連携して農業者の労務改善と生産性向上を後押しする。

はれるとは、「農業の記録をデジタルへ、労務と目標管理をカンタンに。」というミッションを掲げ、2020年2月に労務管理クラウドサービス『agri-board』をリリース。作業時間の最適化や経費・労務費の削減を行って、施設園芸の労務管理・目標管理から「ムリ」「ムラ」「ムダ」をなくすことをサポート、さらに作業進捗や実績のみえる化など、コスト削減だけではなく生産性改善に向けた新しいアプローチの提案を行っている。

農業用ハウスや農業資材を施工、販売するイノチオグループは、働きやすい農業づくりの一環として、はれるとに出資。はれるとのシステムを積極活用して農業者の経営サポート事業の強化を狙う。また、同じくはれるとに出資する人材管理システムを提供するカオナビとも連携を図るという。いっぽうのカオナビも、人材マネジメントシステム事業とのシナジー効果も期待し、はれるとに出資した。

両社のサポートを受け、はれるとは、農業法人の規模拡大、農業への新規参入企業の増加など、変化する農業経営に必要なサービスとして、『agri-board』の普及を目指す。


株式会社はれると
https://haleruto.com
イノチオホールディングス株式会社
https://www.inochio.co.jp
株式会社カオナビ
https://corp.kaonavi.jp
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 田中克樹
    田中克樹(たなかかつき)。32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  3. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  4. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  5. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集