ゴムの力で果樹収穫をアシストする「bonboneMOTT」、梨でも実証

医療用品メーカーのダイヤ工業は、JA晴れの国岡山(倉敷市)の協力のもと、果樹農家向け腕上げアシストサポーター「bonbone MOTT」を開発・発売している。価格は8000円(税抜)で、全国のJA店舗で購入が可能だ。

今回、その梨栽培における機能評価のため、倉敷市の梨農家によるモニターを実施し、効果を実証した。

腕上げサポーター「bonboneMOTT」
サポート力調節ベルト

ぶどう向けのサポーターを梨でも実証


bonboneMOTTを装着してネット掛け作業をする梨生産者(2020年8月18日撮影)
bonboneMOTTは、2018年に腕を上げた状態での作業が多いぶどう農家の作業負担を軽減する目的で共同開発した製品。小さな果実を間引く摘粒作業や樹木の剪定作業等、腕の上げ下げを繰り返し行う作業を対象に販売を行ってきた。

そして、同じ棚下栽培の方法で生産する梨農家からも、腕上げ作業時にかかる身体への悩みの声が上がっていたことから今回の梨農家での実証実験に至った。

今回検証したのは梨栽培特有の「ネット掛け作業」。品種にもよるが、梨はぶどうに比べ果実が重く、1200g~1400gとぶどうの約2倍。そのため、袋が掛かった果実の上からさらにネットを枝に括りつけることで、成長した果実の地面への落下防止を目的として行われる。

このネット掛けには1個あたり約30秒かかり、連続的にネットをかけていくため腕を長時間上げた状態で保持する必要があり、首や肩にかかる負担も大きい。

機能評価のためモニターに協力した、鏡野町で梨農園を運営する広田氏(愛宕梨生産者)は、「ネット掛け作業は腕を上げた状態でネットの紐を枝に括りつけていくため、手先を使った繊細な作業になり、他の作業と比べても首、肩にかかる負担が大きく毎年悩みの種となっていた。今回bonboneMOTTを装着して同様の作業を行ったところ、首を支点に腕を支えられる感じがはっきりと感じられ、思いのほか腕を上げた状態での作業が楽になった。今後は春先に行う誘引作業でも試してみたい。」とコメントしている。

梨農園を営む広田氏
今後は全国の梨農家や同様の作業を行う棚下栽培の果樹農家などにも展開していきたいとしている。


bonboneMOTT
https://www.daiyak.co.jp/work/item/bonbone-mott.html
ダイヤ工業株式会社
https://www.daiyak.co.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。