中山間部向け農業用薬剤散布ドローン「AIRTORO2」が発売 スクールも同時開校

株式会社AIRロボは、日本の中山間地域のような規模の小さい圃場に適した農業用ドローン「AIRTORO2」シリーズの受注販売を、2020年11月25日(水)より開始した。

農業へのドローンの活用が注目を集める一方、実際の導入例はまだ多くはない。岐阜県に拠点を置くAIRロボとして中山間地で役に立つよう、現場の声を取り入れながら、山がちな日本に適した実用的な薬剤散布ドローンを開発したという。ドローンの力で体力的な負担の大きい薬剤散布作業を軽減し、農業のさらなる発展に貢献したいとしている。


「AIRTORO2」の特徴


「AIRTORO2」は、6枚のプロペラを持ち、タンクを付け替えることで液剤と粒剤の両方に対応。中山間地の長方形や変形地にも対応できる操縦モードを備える。防水性能にも優れており、メンテナンスもしやすくなっている。折りたたむことで軽自動車などで容易に運搬できる。

特徴
  • 散布料に合わせて液剤タンク10L型と16L型の二機種を用意
  • 工具不要の折りたたみ構造で軽ワゴン車にも積載可能。複数圃場への移動も容易
  • 6枚プロペラ構造で高い安全性とムラの無い噴霧幅を実現
  • 用途に合わせて液剤タンクの代わりに10L粒剤タンクを交換可能
  • 長方形の圃場や中山間地域の変形圃場等の圃場の形状に合わせた操縦モードを選択可能
  • 本体IP35、モーターIPX7の防水性能で保守管理が容易

※IPとは国際電気標準会議の規格に基づく防塵・防水表示のこと。IP35:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない、IPX7:規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない。



安全な運用に向けた独自のスクールも用意


また、「便利なのはわかるがドローンの使用は怖い」というユーザーの不安を解消するため、ドローンスクールで物件投下を含めたドローン操縦・運用に関する包括的な講座を開催し、導入を支援。操縦技能および航空法・機体への理解・安全運航等の知識について理解した上での運用に努めている。


AIRロボおよび「AIRTORO2」は、12月1日(火)~18日(金)まで開催される「新価値創造展2020オンライン」に展示される。


AIRロボ https://www.airrobo.net/
新価値創造展2020オンライン
https://shinkachi-portal.smrj.go.jp/event/shinkachi2020/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。