【公式HPでも公開】『天穂のサクナヒメ』クリエイター・えーでるわいす×隠岐藻塩米農家による対談が実現

隠岐の島役場農林水産課は、和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』のクリエイターであるインディーゲームサークル「えーでるわいす」と、隠岐の島のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」を栽培する米農家による対談記事を、12月28日12時より、隠岐の島町公式ホームページで公開する。

当初の2020年12月28日は、隠岐の島地域おこし協力隊のTwitterとFacebookにてPDF形式で先行公開されていたが、1月12日より公式ホームページにて特設ページが公開された。以前公開されていた情報からさらにブラッシュアップされているという。



隠岐の島の歴史と『サクナヒメ』のストーリーがリンク


隠岐の島町は、島根県屈指の米どころとして知られている。特に近年は、稲の生育期に海藻と海水から製造された「藻塩」を薄めたものを散布して栽培した地元ブランド米「島の香り隠岐藻塩米」が知名度を上げており、町として隠岐の島町のグルメ漫画「隠岐のナミと離島ごはん」を公式サイトで連載するなど、そのPRにも力を入れている。


実は隠岐の島には、鎌倉時代に承久の乱(1221年)で幕府側の北条義時に敗れた後鳥羽上皇が島流しにされた地という史実がある。この隠岐の島の歴史と、神様が離島に島流しにされて米作りを頑張るという『天穂のサクナヒメ』のストーリーに共通点があったことから、今回えーでるわいすと隠岐の米農家の対談が実現した。

まったく異なる立場でありながらも、ある意味で同じ「モノづくり」を営むインディーゲームクリエイターと米農家による対談は、それぞれのこだわりの話から、ゲーム業界とコメ業界の話など、稲作というテーマを軸とした興味深い内容となっている。


【『天穂のサクナヒメ』特別対談】「やっぱり日本人にとって米というものが特別なんだと感じさせられた」前代未聞の<稲作ゲーム>の魅力に離島の米農家が迫る【えーでるわいす なる氏×米農家 村上氏】
https://www.town.okinoshima.shimane.jp/www/contents/1608621440749/index.html
地域おこし協力隊公式Twitter
https://twitter.com/Oki_chiiki/status/1343469410770534401

隠岐の島町地域おこし協力隊・集落支援員
https://www.facebook.com/okinoshima.rangers/
隠岐の島町 -ほっとひと息、安らぎの島
https://www.town.okinoshima.shimane.jp/

マンガ「隠岐のナミと離島ごはん」
https://www.town.okinoshima.shimane.jp/www/contents/1593754433684/index.html
『天穂のサクナヒメ』公式サイト
https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。