SkyLink Japan、国産農業用ドローン「AC101」の全国デモフライトツアーを2月よりスタート

SkyLink Japanは、話題の国産農薬散布用ドローン「AC101」のデモフライトを全国で実施する。参加費は無料で、事前申し込みが必要。2月は西日本から福岡県、熊本県、滋賀県、愛知県を予定しており、東日本も3月以降に順次開催予定だ。


農薬散布用ドローン「AC101」は、日本の農業の現場に基づいて開発された軽量・コンパクト・低燃費が特徴のドローン。機体重量は約7kg、軽トラックにも楽に積載できるコンパクトさで扱いやすさに優れる。1本のバッテリーで最大2.5haに散布可能な低燃費設計のほか、早朝の作業でも見やすいタンクやバッテリー装着方法など、細やかな配慮の設計が特徴だ。

SkyLink Japanでは2020年より販売を開始し、多くの評価を得ているが、実際の飛行の様子を確認したい、実践者の生の意見を聞きたいという声が多数あったという。そこで、スマート農業の発展を推進するべく、感染症拡大予防対策を十分に施した上で、第一弾として⻄日本よりデモフライト会を実施するに至った。

一部エリア(福岡県と熊本県)では、日本トップクラスの散布実績を誇るRave Project代表 請川博一氏による製品説明や、女性だけで構成された請負散布チーム「ママミーアキャット」 によるデモも予定。農薬散布用ドローンの導入などを検討されている方は参加してみよう。


「農業用ドローンAC101 デモフライト」開催概要


2021年2月2日(火)
開催地:福岡県筑紫野市
解説:RaveProject 請川氏/女性請負散布チーム 

2021年2月4日(木)
開催地:熊本市
解説:RaveProject 請川氏/女性請負散布チーム
協力企業:スカイベアー合同会社

2021年2月8日(月)
開催地:滋賀県近江八幡市
解説:AC101担当者 
協力企業:株式会社高岡屋

2021年2月11日(木・祝)
開催地:愛知県西尾市
解説:AC101担当者
協力企業:TOYOTA FARM

詳細・申し込み先(AC101特設サイト):https://info.skylinkjapan.com/AC101
参加費:無料 ※感染症拡大予防対策のため事前申込み制となります


「AC101」の主な仕様


サイズ:935×935×676mm(プロペラなし)/611×560×676mm(折りたたみ時)
重量:7.3kg(バッテリー除く)
最大飛行時間:35分(ホバリング/離陸重量12.0kg時)
最大離陸重量:20kg


SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company)
https://www.skylinkjapan.com/
AC101
https://info.skylinkjapan.com/AC101

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。