トーヨーホールディングス、水耕栽培レタスのAIによる不良苗検出システムを開発

株式会社トーヨーホールディングスは、2020年11月より開始した独自開発した自動航行撮影機によるAI生育状況管理システムの実証試験において、2カ月でレタス不良苗の判定精度が97%に到達。このシステムを利用することで生育確認・対応工数を98%削減することが可能になったという。

実証試験は、レタス栽培の不良苗を判定するもので、開発中の「室内水耕栽培における完全自動型不良判定システム」の一環。また、不良苗判定の座標位置特定も実施しており、こちらの特定精度は100%を達成した。撮影した判定結果は、アプリケーションに表示され、現場で目視確認することなく、効率的に作物の状態を確認できる。

(画像左)独自開発した自動航行撮影機 (画像右)生育不良判定結果のアプリケーション表示

AIにより97%以上の精度で不良苗を検出


基幹的農業従事者の大幅な減少、平均年齢は67.8歳で、65歳以上の割合が69.8%であることからも農業の現場の労働力不足は深刻化している。同時に、近年の施設園芸における課題として、熟練者のノウハウの平準化と若手へのノウハウの共有と継承も挙げられる。

トーヨーでは、これらを解消するために自動航行撮影機や画像認識AIを活用し、植物の育成状況や病害発生の確認や判断を集中管理できるシステムの開発を行い、将来的には社会実装し、商品化を目標としている。

開発中の「AI生育状況管理システム」は、「どこでも」「誰でも」「効率よく」栽培できる施設園芸の実現を目指すもの。良苗・不良苗を学習した本システムを導入することで、不良苗を漏れなく検知し、作業者へ通知。自動航行で作物撮影を行うため、広い面積を目視で確認していた作業者の工数を大幅に削減できる。また、不良苗の発見後、早期に対応できるようになるため、生産効率の改善にも寄与するという。

トーヨーが開発したAI生育状況管理システム

生育不良判定結果のアプリケーション表示(サンプル)
本システムは、2020年11月より同社の関連施設である羽生市レタス水耕栽培農園の運用モデルとして開発、実証試験が行われている。さらに今回の結果を受けて、2021年内に病害検知・収穫適期機能を開発予定。また自動航行撮影機を運搬機として使用できるようにすることも視野に入れ他開発を進めていく。


トーヨーホールディングス アグリ事業研究事業紹介
https://toyo-group.com/enefarm/service/agri/research.html

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。