着る虫よけ×熱中症対策ウェア「BUGOFF」がクラウドファンディング実施中

株式会社SOPIC(ソピック)は、虫よけ加工を施したインナーウェア「BUGOFF(バグオフ)」を、クラウドファンディング「Makuake」にて募集中だ。すでに目標を達成しており、6月中旬まで予約募集中だ。


「BUGOFF」はその名の通り、着るだけで虫よけ効果を発揮するマルチウェア。速乾性と冷却性、UVカット効果もあり、インナートップスとレギンスの2種類が用意されている。夏場の日差しの強い時間帯の農作業はもちろん、アウトドア、スポーツ、ガーデニング、工事現場、ツーリング、海外旅行などでも活用できるという。


マルチウェアBUGOFFの主な特徴
1. 虫よけ加工
繊維に虫よけ加工を施しているので着るだけで簡単に虫よけが可能。
※使用薬品は国際機関エコテックスで認定されており、人体への安全性が保証されています。

2. 多機能素材
生地は異素材を組み合わせた多機能仕様。全体的にはCOOL&DRY。汗のかきやすい部分は速乾冷却※
全体的にUV効果もあり、猛暑対策にも。

3. 快適な着心地
トップスもレギンスも全体的には全方向ストレッチ素材で程よい着圧で体全体をサポート。ラッシュガードの様な生地で水陸両用です。

販売価格
クールインナートップス 5900円
クールレギンス 4500円

<参考URL>
BUGOFF(バグオフ)|Makuake
株式会社SOPIC

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。