代行販売も請け負うCSA型フルーツ予約販売サイト、クラウドファンディング開始

長野県でりんご直売農園を営む株式会社フルプロは、「日本の農業を通年で稼げる仕事にして、これまで農業に携わってこなかった人が新規参入しやすい産業にしたい」「カンタンに予約注文でき、農家から収穫したばかりのフルーツが届く」の両方を可能にする予約販売サイトの立ち上げに向けて、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」でプロジェクトをスタートした。返礼品は『旬』の採れたてフルーツや農業体験など。


フルプロは2年前に農業法人を設立し、「地域の耕作放棄地をゼロに!」をモットーに、耕作放棄地を生産性が高く初心者でも栽培しやすい畑に改植し、農業経験のない若者や女性、定年後の方などに新規就農の機会を開くプロジェクトを行ってきた。過去にもクラウドファンディングにて、長野県のりんご植樹のプロジェクトを成功させている。

参考「長野市の耕作放棄地にりんごを植樹しよう~女性も、若者も、高齢者も!みんなが活躍する未来ある畑へ~」のクラウドファンディングページ

今回のプロジェクトは、日本の農業を強くて稼げる仕事にしたい! という想いから、収入のある収穫期と収入の入らない農閑期などがある農業の季節性を緩やかにし、農業を通年で稼げる仕事にできないだろうか? というもの。

新たに農業を仕事にしたいと希望する人が少ない背景には、「農業では十分な収入を得られないのではないか」、「体力的に辛そう」といったイメージだけでなく、通年で月給や年収を保証してくれる会社、そのような求人募集が非常に少ないという社会・産業構造的な側面がある。

その理由として、農業には季節性があり、芽吹きの季節から収穫までの"作業はあるが収入はまだ入ってこない時期"、そして"完全に仕事がない"農閑期があることが大きな要因だという。雪深い地域になると農閑期は5~6か月にも及びます。それでは、いくら農業法人を設立したとしても、従業員を通年で雇い入れる事が困難になってしまうためだ。

そこで、季節による収入の波を少しでも小さくできないか? と考えた結果、通年で収穫物の予約を受付け、旬の時期に採れたものを優先的に販売できるサイトを作ろうというアイデアに行き着いた。

フルプロが立ち上げる予約販売サイトでは、地域の農家の農産物の代行販売も手がける予定。それにより、生産に磨きをかけてきたものの独自の販路を持たなかった農家にもこのサイトを利用してもらうことを考えているという。


"収穫前に予約注文をする"という発想は、一部の欧米などでは、農家と消費者が互いに理解し合い、協力し合う関係によって成り立つ、生産から消費までのシステム「CSA(地域支援型農業)」の一環としてすでに広がりを見せている。

このシステムは、生産者だけではなく消費者にとってもメリットが大きい。

現代の消費者にとって最も一般的となっている、スーパーに並んでいる野菜や果物は、農家で収穫されたあと卸し業者へ、そして小売業者へと流通しており、収穫してから少なからず日数が経って消費者の元へ届く。そのため、流通するあいだに傷んでしまわないよう、まだ成熟していない青い実の時に収穫してしまうものも多く含まれている。完熟してしまうと日持ちがしなくなり、消費者の手に届く頃には腐敗してしまう恐れがあるためだ。

熟す前に収穫したものは、成熟まで樹から養分をたくわえて成熟した実と比べ、甘みや養分・水分量などは比べ物にならないほど差があるが、多くの消費者はどれがそうなのかわからず、どれくらい違うのかも知らないのが現状だ。その結果、産地の人にとっては“あたりまえ”の、味や果汁がギュッと詰まった“本当の”味を、産地以外の消費者は食べたことがない、知らない、という状態になっている。

新しい予約販売サイトでは、旬の時期に完熟したフルーツを採れたその日、または1~2日以内に農家から発送し、これまでは産地でしか出会えなかった"本物の"味を自宅にいながら味わうことができるという。農家がずっと心の奥で密かに願っていた想い、「採れたての味、びっくりするほど美味しいんだぞ」、「できればこの“本物の”味を、産地以外の人にも食べてもらえたらなぁ」という想いを叶えることにもなる。



その他の特徴として、この予約販売サイトは、運営主体であるフルプロが農家・農業法人であることが挙げられる。

これからの農業は生産するだけでなく、自ら商品をブランディングし、販路を開拓していくという流れがますます大きくなっていく。消費者が直接農家とつながれるため、一番よい保存方法は? 美味しい食べ方は? 農薬の使用量はどのくらい? といった、スーパーでは聞けなかった疑問に農家に直接答えてもらうこともできる。また、地域の果物が多種類そろっているなかから好きなものが選べる頒布会形式になっている。


クラウドファンディングの募集は、6月29日までとなっている。

<参考URL>
株式会社フルプロ
農業を通年で安定して稼げる仕事に!〜採れたてフルーツの予約販売サイトを作りたい〜(CAMPFIRE)


ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  2. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  3. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  4. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。
  5. 中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事、中田家庭保育所 施設長。息子が離乳食を食べてくれないという経験から、離乳食に興味を持つ。保育士目線の離乳食講座は5年で3000人が受講。黄金色のかつお昆布だしから作られる「和の離乳食」を推奨している。

RECOMMEND