台風被害の廃棄野菜をクラウドファンディングで販売 被災農家支援の「チバベジ」が法人化

千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号・19号や、記録的大雨による被災農家への支援を行ってきた「チバベジ」が、「一般社団法人野菜がつくる未来のカタチ」を設立した。

千葉県農業に甚大な被害


台風15号による千葉県の農林水産被害額は過去最高の411億6700万円(10月4日付千葉県発表)にものぼり、暴風雨の影響から県内のビニールハウスの多くが、折れ曲がりや倒壊など甚大な被害を受け、その被害額は200億721万円といわれている。

その後に発生した台風19号や10月25日の記録的大雨による被害などもあり、冬野菜向けの苗植えさえできず、被災農家の多くは廃業か存続かの選択の岐路に立たされている。

倒壊したビニールハウス内でのトマト収穫(千葉県山武市)

被災したトマト畑

多くの被災農家を支援してきた「チバベジ」


チバベジは、台風15号の被災直後より直ちに被災農家の支援をスタート、被害に遭った延べ4500キロの廃棄野菜を買取り、完売を成功させた。
クラウドファンディングを活用し、地域住民の支援と協力を得ながら、17の農家や20の飲食店と連携しスーパーや飲食店に被害に遭った廃棄野菜を販売している。

代表理事の安藤共人氏(左)と鳥海孝範氏(右)

出荷対象にはならないが、味は美味しい廃棄野菜

「一般社団法人野菜がつくる未来のカタチ」を設立

チバベジでは、持続的な支援活動ならびに廃棄野菜の加工生産とブランディングを行うため、団体の法人化を決定。2019年10月23日に「一般社団法人野菜がつくる未来のカタチ」を設立した。

今後は、傷ついた農作物の買取量を増やしジャムやピクルスといった加工品の製造にも着手。クラウドファンディングを活用し加工のための資金を募集していく考えだ。

チバベジのブランド品であるトマトジュース(サンプル)

同社では、地域の飲食店と連携した加工品製造により野菜の直売以上の収益を確保。農家への利益還元も行いながら、持続的で全国で模倣可能な農家支援の形を組み立てていくという。

千葉県を起点に新たな農業のカタチを


今回の台風のような被災が、今後も何時どこで起こるかわからない中、被災対策の強化は官民一体となって取り組むべき課題のひとつだ。
災害対策とは農業支援であり、まちづくり支援や子育て支援でもある。地域活性のなかで進められているすべての取り組みは、少なからず連携することが求められている。

同社は、今後もフードロスの削減に取り組み、農作物が廃棄されず流通されることや被災時の農家支援など、多種多様な農作物の生産が持続的なまちづくりに繋がることを目的に、「千葉を起点とした新たな農業のカタチ」を標榜し事業を進めていく考えを示している。

国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)に向け



同社では、クラウドファンディングの支援額に応じて、廃棄野菜の流通量、加工品生産量を増加させつつ、地域の自治体や大学との連携、協力企業を募りながら新規就農者支援も進めるという。

国連が掲げるSDGsの17の目標のうち、「2.飢餓をゼロに」「11.住み続けられるまちづくりを」「12.つくる責任 つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」「15.陸の豊かさも守ろう」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の6項目に、SDGsに則した地方創生事業として取り組む考えだ。

<参考URL>
チバベジFacebook
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。