「みやぎ食と農のクラウドファンディング支援事業」プロジェクトがスタート

宮城県内の食や農業分野に携わる方々による、新たな商品開発やサービスの提供を後押しするプロジェクト「みやぎ食と農のクラウドファンディング支援事業」が、7月26日よりスタートする。事業の大小にかかわらず、挑戦を後押しすることにより、宮城県の農村地域活性化を目指す。


本事業では、宮城県産の農産物を使った新たな商品やサービスの提供を開始する方に、宮城県の農産物や農村地域を全国にPRしながら資金調達を行っていただくため、宮城県内各地でクラウドファンディングのセミナー・ワークショップ・個別相談会を開催。さらに、作成されたクラウドファンディングプロジェクトは、CAMPFIREが運営する地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO by CAMPFIRE」サイトおよび宮城県特設サイトへ掲載し、全国に広く宮城県の魅力を発信しながら支援を募る。

まずは「みやぎインキュベーションプログラム」と題して、宮城県内の農業や食関連事業者を対象に、クラウドファンディングの「基礎講座」に加えて、企画からプロジェクト実行までを継続的にサポートする「連続講座」の2種類のセミナーを開催。チームビルディング、企画立案力、プロジェクト推進力といったクラウドファンディング挑戦者に必要なノウハウの提供等のサポートを行うと共に、地元企業やプロジェクト実行者のコミュニティをつくることで、地元の人々を起点とした宮城県の食と農のPRを行う。


7月26日に仙台市内で開催するフォーラムを皮切りに、8月より宮城県内で順次セミナーを開催する。

■フォーラム概要
日時:7月26日(木) 13:00〜16:30(開場12:30)
会場:スタンダード会議室仙台勾当台(宮城県仙台市青葉区一番町4丁目7-17 小田急仙台ビル5階)会議室A
内容:ゲスト講師による講演、「みやぎ食と農のクラウドファンディング支援事業」事業説明、セミナー内容・日程の説明、クラウドファンディング基礎講義(※内容は一部変更となる可能性あり)
フォーラム対象者:宮城県内に事業所を持ち食と農に関連する事業を運営する個人、当該事業者を支援する組織等
ゲスト講師:株式会社ファームステッド 阿部岳氏
参加可能人数:80名

<参考URL>
宮城県特設サイト
https://faavo.jp/cpn/miyagi-cf

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND