農家のDX化に取り組む熊本の若手農業者集団「AGRI WARRIORS KUMAMOTO」が本格始動

熊本県農業の発展や地域経済への貢献を柱に、100年先も続く農家を目指す若手農業者集団AGRI WARRIORS KUMAMOTOが、株式会社ADDIXとdot button company株式会社が共同運営する地域DX支援プログラム「sameboat(セイムボート)」を通じて資金調達後、Webサイトを公開し、オンラインを起点に活動を開始した。


「sameboat」は、地域産業の持続的なサポートを目的に、情熱を持つ地域の事業者と優秀なパートナー企業・クリエイターをマッチングして、その活動に必要な資金を提供する支援者を募るプログラムである。

AGRI WARRIORS KUMAMOTOは、「sameboat」の第一号案件だ。公式Webサイトの開設日が2016年4月14日に発生した熊本地震の5年後にあたることから、「あの日を忘れずこれからも前進していく」という想いを込めて同日に組織を一般社団法人化した。

ビジュアルにこだわった未来志向型のWebサイトを開設


AGRI WARRIORS KUMAMOTOが開設した公式Webサイトは、従来の農家のイメージを覆すビジュアルをキーポイントに、第一線で活躍するアートディレクターやフォトグラファーを起用。2020年10月から挑戦した、およそ2カ月間に渡るクラウドファンディングで得た支援金119万3240円(目標金額100万円)を元に制作したものである。

Webサイトの公開日と同日に開催したオンラインイベントは、蔦屋書店熊本三年坂の「ヒノマルキッチン」を会場にメンバーが集結。dot button company代表である中屋氏とのトークセッションでは、 AGRI WARRIORS KUMAMOTOリーダーの内田氏が長年温めていた構想が「sameboat」の支援によって実現したことが述べられた。


AGRI WARRIORS KUMAMOTOでは、Webサイトを起点に、オンライン上でのコミュニティ形成やイベントの開催、他業種とのコラボレーションなど農業者の未来をつくる取り組みを継続していく考えを示している。


AGRI WARRIORS KUMAMOTO公式Webサイト
https://agriwarriors.jp
地域DX支援プログラム「sameboat(セイムボート)」
https://sameboat.jp/
株式会社ADDIX
https://www.addix.co.jp/
dot button company株式会社
https://dotbuttoncompany.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。