循環型農法を活用した栽培施設「ふじさわアクポニビレッジ」がオープン

株式会社アクポニは、水耕栽培と魚の養殖を組み合わせた次世代型の循環型農法「アクアポニックス」を活用して野菜と魚を生産する栽培施設「ふじさわアクポニビレッジ」を神奈川県藤沢市にオープンした。


「アクアポニックス」は、魚の排泄物を微生物が分解し、植物が栄養として吸収した後、浄化された水が再び魚の水槽に戻る仕組みを利用して農作物を栽培する循環型農法。土耕農法の約7倍の収量を誇る高い生産性と約80%以上の節水効果を生む環境負荷の少ない栽培が特長で、アメリカの有機認証であるUSDAの取得も認められる。

「アクアポニックス」の仕組み

実証実験やイベントを開催


「ふじさわアクポニビレッジ」は、同社が2021年2月に開設した「湘南アクポニ農場」に続く第2の拠点としてオープンしたコミュニティ型のアクアポニックス栽培施設である。

特長は以下の通りだ。

1.都市型パッケージ農園「アクポニハウス」初のショールーム

同社が2021年11月に発売した商品「アクポニハウス」の全ラインナップを初展示。
「アクポニハウス」は、最新型の縦型水耕システムと養殖設備を立体的に組み合わせて使用する小型の栽培施設で、5・30・100の3サイズを展開している。


「アクポニハウス」で栽培する野菜の様子

「アクポニハウス」で育つチョウザメの様子

2.実証実験の実施

IoTセンサーとWEBカメラを取り付けたサイズの異なる3棟のアクアポニックス生産設備を設置して、3つの実証実験を同時に実施。アクアポニックスに特化した生産管理アプリで収集した生育環境データを活用して、生産技術の改善やシステムの効率化を進める。

実証実験の内容
・新しい作物品種や魚を組み合わせた生産技術の研究
・アクアポニックス生産によるエネルギー効率化、資源循環の定量的・定性的評価
地産地消農福連携、教育など地域コミュニティとの連携による価値創造

また、他社と共同で運営する試験場の一部区画ではアクポニ技術スタッフによる生産技術のサポートも実施。
今後は、業種や業界が異なる企業との連携による相乗効果を目的に技術交流や研究依頼等にも対応していく。





3.野菜の一般販売やイベント開催を予定

2022年6月に開始した参加型のユーザーコミュニティ「アクアポニックス・コミュニティ」と連携して資源循環や食育を学べるイベント等を開催。2022年夏頃にはアクアポニックスで生産した野菜と魚の一般販売の開始も予定している。

オープンを記念して、2022年7月1日から7月31日までの1カ月間、「湘南アクポニ農場」と「ふじさわアクポニビレッジ」の2か所を通常の半額で見学できるキャンペーンも実施。

アクアポニックスを通じ動植物の生態系を学ぶ子ども向けのイベントも開催する予定。

同社は、「ふじさわアクポニビレッジ」の運営を通じ、都市部の遊休地や廃熱、排水などの資源を一次産業に活用する小規模分散型の都市農業を推進していく構えだ。

農場見学概要


期間:2022年7月1日〜2022年7月31日
日時:毎週水・土曜日 16:00〜17:30(完全予約制)
費用:1名5500円(税込)
見学スケジュール
・ 16:00~16:40 湘南アクポニ農園
・ 17:00~17:30 ふじさわアクポニビレッジ
申込:https://aquaponics.co.jp/shonan-aquponi-farm/


株式会社アクポニ
https://aquaponics.co.jp
アクポニハウス製品紹介ページ
https://aquaponics.co.jp/aquponi-house/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。