食べ物付き情報誌「ふくおか食べる通信」のネットラジオ『かじさんの「知産知消」ラジオ』開設

株式会社Voicyは、ボイスメディア「Voicy」で「ふくおか食べる通信」の新チャンネル「<かじさんの「知産知消」ラジオ>」を開設した。


本チャンネルは、一次産業の魅力的な生産者を対談形式で紹介していく番組。生産者の声を通じて、生産者のかっこよさや一次産業の魅力、厳しさなど、現場のリアルをお伝えしていく。さらに、おいしい食材の見分け方や、こだわり食材のお取り寄せ方法などのお役立ち情報もお届け。加えて、「ふくおか食べる通信」とのコラボを通じて、生産者との座談会や生産現場での農作業体験会、生産者の食材を料理して食べる食イベントなども開催予定だ。

知っている人が作ったものを、知っている人同士で食べる「知産知消」という豊かな関係性を実現するため、番組をきっかけとして、生産者と消費者が直接顔の見える関係性になれる橋渡しを行っていく。放送は月曜日・水曜日・金曜日の週3回。

「ふくおか食べる通信」とは

「ふくおか食べる通信」は、福岡県内の食べものをつくる人を特集した情報誌と、彼らがつくった食べものがセットで定期的に届く、食べもの付き情報誌。

このサービスの主役は「つくる人の物語」。食べものはあくまでも付録であり、誌面には特集された生産者の想いや人生、こだわりなどが詰まっている。食べもののの「育ての親」である生産者の想いに触れ、その栽培方法や生育のプロセスを知ることは理解と感謝の気持ちにつながる。舌だけでなく頭と心で味わう経験は「ふくおか食べる通信」の醍醐味のひとつ。

また、特集された生産者と読者は、SNSでの会話やイベントでの生産者や他の読者との出会いなど、様々なつながりが生まれる仕組みが用意されている。

編集長 梶原さんコメント
「ご贔屓の農家さん」をもっている、って豊かで贅沢だと思いませんか?ところが、こだわりの生産者さんとの接点を見つけるのは容易ではありません。その橋渡し役をこの番組が担います。多くの方が、いきつけのお店を持っているように「ご贔屓の農家さん」作っていきましょう!

<参考URL>
かじさんの「知産知消」ラジオ
ふくおか食べる通信
株式会社Voicy

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。