農研機構、栽培環境を精密に再現する「ロボティクス人工気象室」の運用を開始

農研機構は、「栽培環境エミュレータ」と「ロボット計測装置」の2つの装置を組み合わせて構築した「ロボティクス人工気象室」の運用を開始した。

出典:https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/rcait/154498.html

「栽培環境エミュレータ」は、温度や湿度、CO2濃度などの気象因子を組み合わせて農作物の栽培環境を精密に再現する人工気象室。

過去の気象データや実現したい気象データをパソコンで入力して室内の環境を遠隔から制御できるのが特長で、従来の人工気象室の課題であった光の再現性を解決する高出力なLEDも装備している。

「ロボット計測装置」は、農作物の大きさや色などの形質の変化を連続的に計測する画像収集装置。

室内に取り付けた複数のカメラを使用して、農作物の形質の変化を自動で撮影するのが特長で、深層学習を利用した解析が可能なAI解析プラットフォームとも連携している。

出典:https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/rcait/154498.html

スーパーコンピューター「紫峰」と連動


今回、運用を開始した「ロボティクス人工気象室」は、さまざまな環境下で栽培する農作物の形質の変化を計測できるようにした装置。

AI研究用のスーパーコンピューター「紫峰」と連動しているため、「農研機構統合DB(ナロ リンクド データベース)」に含まれる病害虫や気象データ、遺伝資源、ゲノム情報等の農業データを用いた複合的な解析が可能。また、セキュリティ対策を講じた安全性の高いアクセス環境を整えることで、民間企業や大学、公設試験研究機関、JA、産地など外部機関のパソコンからもアクセスできるという。

出典:https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/rcait/154498.html

農研機構は、「ロボティクス人工気象室」の運用を通じ、農作物の収穫時期や収量、品質等を精密に推定することで、気候変動に対応した農業技術の開発を推進していきたい考えだ。


農研機構
https://www.naro.go.jp/index.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。