京都府主催の食育シンポジウム参加募集|共食や日本型食生活を見直し&普及へ

2019年8月3日、京都府及び大阪ガス株式会社、きょうと食育ネットワークは、府民による食育を促進する場として、「共食」や「日本型食生活」について広く考えるための食育シンポジウムを開催する。同イベントの参加にあたっては、7月26日までにFAXまたはWEB上からの申し込みが必要となる。




食育の基本は「共食」と「日本型食生活」

近年、世帯状況の変化や生活リズムの多様化により、朝食の欠食や孤食、栄養素の偏り、肥満や生活習慣病などが深刻化し、食生活のあり方を問題視する向きがますます強まっている。

これらの状況に対し、京都府では8月3日、大阪ガス及びきょうと食育ネットワークとの共催により、食に関する基礎知識や技術、適切な食事体験の習得を推進する取り組みとして、府民などを対象とした食育シンポジウムを開催する。

同イベントでは、パパ料理研究家・滝村雅晴氏による、「オヤジの味が家族を笑顔に」と題した基調講演を実施。家族や友人と楽しみながら食事をする「共食」や、主食・主菜・副菜をそろえた「日本型食生活」の重要性を取り上げるほか、手軽で栄養バランスの良い「パパ料理」の実践方法についても口述する。

また、農業分野と栄養学の専門家をパネリストに迎え入れ、それぞれの観点から、栄養教育や共食などに対する独自の見解を交換し合うディスカッションも予定している。


食育シンポジウム開催概要

【開催日時】
2019年8月3日 13:00〜16:00

【場所】
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク西地区4号館地下1階 バズホール

【内容】
①基調講演:「オヤジの味が家族を笑顔に」~パパ料理で家族・社会を豊かに~
<講演者>
株式会社ビストロパパ代表取締役/パパ料理研究家 滝村雅晴氏

②パネルディスカッション:「家族・地域を結ぶ共食で、食文化を見つめる」
<コーディネーター>
NPO法人近畿アグリハイテク副理事長/農林水産省産学連携支援コーディネーター 北村實彬氏
<パネリスト>
基調講演者 滝村雅晴氏
京都府栄養士会副会長/京都栄養医療専門学校講師 石伏穣氏
神戸松蔭女子学院大学講師/きょうと食いく先生 松木宏美氏

【定員】
府民または府内勤務者、教育関係者及び学生、京都府内の食育実践者などを対象とする250名

【参加費用】
無料(予約先着順)

【申し込み方法】
「食育シンポジウム参加希望」と明記した上で、下記の必要事項を記載し、FAXまたはWEBフォームから申し込み(7月26日必着)
・氏名
・勤務先
・郵便番号
・住所
・連絡先(電話・FAX)

【申し込み・問い合わせ先】
KRP-WEEK食育シンポジウム事務局
<TEL>06-4803-2056
<FAX>06-4803-2213
<WEB>KRP WEEK 2019

【主催】
京都府・大阪ガス株式会社・きょうと食育ネットワーク

【後援】
京都府教育委員会・京都市教育委員会・京都市


<参考URL>
KRP
京都府

大阪ガス株式会社

きょうと食育ネットワーク

株式会社ビストロパパ
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。