イチゴ栽培の受粉・収穫を自動化する「HarvestX」 が2023年夏リリース

植物工場向けロボットの開発を手がけるHarvestX株式会社は、イチゴ栽培に必要な受粉や収穫作業を自動で実行するロボット「XV3」を活用したイチゴ自動栽培ソリューション「HarvestX」の提供を開始すると発表した。

イチゴの自動授粉・収穫ロボット「XV3」


「XV3」は、同社が以前に開発した自動授粉・収穫ロボット「XV1」・「XV2」を改良した製品。

植物工場内を自動で走行する「XV3 Cart」とデータ収集用のセンサーや作業用ロボットアームを搭載した「XV3 Unit」の2つで構成されているのが特長で、植物工場にある棚の段数に合わせて自由に高さ(1~5段)を選択できる機能も備える。


栽培データの収集・自動授粉・自動収穫の3つの機能を提供


「HarvestX」は、ロボットとAIを活用してイチゴの安定生産と生産コストの削減を実現する植物工場向けの農業ソリューション。

過去に実施した実証実験では、以下3つの効果が確認できたという。

1.収穫量の向上
ミツバチを上回る(27.8%)高精度な授粉作業で奇形果の発生が減少し収穫量が向上した。
2.衛生環境の向上
ミツバチの死骸放置による病害リスクや作業者の労災リスク(ハチ刺され)を防止することで工場内の衛生環境が向上した。
3.収穫日・収穫量の予測
ロボットで収集したデータを元に苗の状態を分析し正確な収穫日や収穫量を予測することに成功した。


発売は2023年夏頃で、栽培データの収集・自動授粉・自動収穫の3つの機能を提供。2025年には栽培支援機能を追加し、完全自動化の実現を目指していく。


HarvestX株式会社
https://harvestx.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 沖貴雄
    1991年広島県安芸太田町生まれ。広島県立農業技術大学校卒業後、県内外の農家にて研修を受ける。2014年に安芸太田町で就農し2018年から合同会社穴ファームOKIを経営。ほうれんそうを主軸にスイートコーン、白菜、キャベツを生産。記録を分析し効率の良い経営を模索中。食卓にわくわくを地域にウハウハを目指し明るい農園をつくりたい。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。