アグリツリーとJXTGホールディングス、ソーラーシェアリング事業の資本業務提携を発表

2019年8月20日、営農型太陽光発電の普及に取り組む株式会社アグリツリーは、持続可能な食とエネルギーの未来に向け、JXTGホールディングス株式会社と資本業務提携に至ったと発表した。同提携にあたっては、ソーラーシェアリング事業の普及・促進を図り、農業者のコスト削減や収益向上にも繋げていく方針だ。


営農と売電を両立する「ソーラーシェアリング」

アグリツリーは、2018年7月に福岡県那珂川市で旗を上げてから、国内外の営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)事業や農業経営のサポート、エネルギーマネジメントなどを展開するスタートアップだ。

営農型太陽光発電とは、農地を農作物の生産に利用しながら、 その上部空間に太陽光発電設備を設置することで営農と発電を同時に行う新たな事業形態を指す。特に、同社が提供するソーラーシェアリングは発電時にCO2を排出せず、炭素を農地中に貯留する技術を採用しており、より環境に優しい発電システムを実現した。

設備としては耕作地に架台を設置し、その上に細長い太陽光パネルを並べて発電するため、即下の農地への日照が遮られることなく、適切な営農と売電事業の両立が可能となる。

同社は、こうした発電事業の普及を目的に国内企業や団体、自治体との連携を推進。そのうち長崎県のハウステンボスでは、自家消費型ソーラーシェアリングの企画や補助作業の認定、建設に至るまでをトータルサポートした経緯がある。


エネルギーの創造と革新への提携

一方、JXTGホールディングスは燃料油の販売や電力小売などを通じ、エネルギーの安定供給と資源開発に取り組む総合エネルギー企業だ。同社は、長期的な経営方針である「2040年JXTGグループ長期ビジョン」で掲げた目標の一つ、「低炭素・循環型社会への貢献」に資するものとして、営農型太陽光発電に着目してきた。

2018年には、新規事業の共創と経営資源の活用を目的に、「JXTGアクセラレータープログラム2018」を開催。同プログラムに参加したアグリツリーのビジネスプラン「営農型太陽光発電の発展」が優秀賞を受賞したことから、今回の資本業務提携が成立した。


同提携にあたっては、アグリツリーが持つ営農型発電の技術及びノウハウと、JXTGホールディングスが有する電力の安定的な販路を相互活用する見通しとなっている。

今後はアグリツリーが各案件の開発を進める一方で、JXTGホールディングスは、営農型発電事業者が発電した電力の買い取り体制を整えるとともに、ソーラーシェアリングや再生可能エネルギーの普及を促進していく方針だ。


<参考URL>
株式会社アグリツリー
JXTGホールディングス株式会社
JXTGアクセラレータープログラム2019
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。