アグリツリーとJXTGホールディングス、ソーラーシェアリング事業の資本業務提携を発表

2019年8月20日、営農型太陽光発電の普及に取り組む株式会社アグリツリーは、持続可能な食とエネルギーの未来に向け、JXTGホールディングス株式会社と資本業務提携に至ったと発表した。同提携にあたっては、ソーラーシェアリング事業の普及・促進を図り、農業者のコスト削減や収益向上にも繋げていく方針だ。


営農と売電を両立する「ソーラーシェアリング」

アグリツリーは、2018年7月に福岡県那珂川市で旗を上げてから、国内外の営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)事業や農業経営のサポート、エネルギーマネジメントなどを展開するスタートアップだ。

営農型太陽光発電とは、農地を農作物の生産に利用しながら、 その上部空間に太陽光発電設備を設置することで営農と発電を同時に行う新たな事業形態を指す。特に、同社が提供するソーラーシェアリングは発電時にCO2を排出せず、炭素を農地中に貯留する技術を採用しており、より環境に優しい発電システムを実現した。

設備としては耕作地に架台を設置し、その上に細長い太陽光パネルを並べて発電するため、即下の農地への日照が遮られることなく、適切な営農と売電事業の両立が可能となる。

同社は、こうした発電事業の普及を目的に国内企業や団体、自治体との連携を推進。そのうち長崎県のハウステンボスでは、自家消費型ソーラーシェアリングの企画や補助作業の認定、建設に至るまでをトータルサポートした経緯がある。


エネルギーの創造と革新への提携

一方、JXTGホールディングスは燃料油の販売や電力小売などを通じ、エネルギーの安定供給と資源開発に取り組む総合エネルギー企業だ。同社は、長期的な経営方針である「2040年JXTGグループ長期ビジョン」で掲げた目標の一つ、「低炭素・循環型社会への貢献」に資するものとして、営農型太陽光発電に着目してきた。

2018年には、新規事業の共創と経営資源の活用を目的に、「JXTGアクセラレータープログラム2018」を開催。同プログラムに参加したアグリツリーのビジネスプラン「営農型太陽光発電の発展」が優秀賞を受賞したことから、今回の資本業務提携が成立した。


同提携にあたっては、アグリツリーが持つ営農型発電の技術及びノウハウと、JXTGホールディングスが有する電力の安定的な販路を相互活用する見通しとなっている。

今後はアグリツリーが各案件の開発を進める一方で、JXTGホールディングスは、営農型発電事業者が発電した電力の買い取り体制を整えるとともに、ソーラーシェアリングや再生可能エネルギーの普及を促進していく方針だ。


<参考URL>
株式会社アグリツリー
JXTGホールディングス株式会社
JXTGアクセラレータープログラム2019
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。